栄養はえいよ~!

分子栄養学を実践し20年以上悩まされた症状から脱却!
この体験を多くの人に共有したくカウンセラーを目指して勉強中です

本日気分爽快!

2017-07-10 12:28:46 | 日記
昨日、第8期分子栄養学実践講座が終了しました。

認定カウンセラー試験はボロボロでしたが、この数カ月のあいだ、今の私にやれることはやったので自己満足感だけは高く気分爽快であります('◇')ゞ

いやー、それにしても加齢のせいか記憶力だけでなく思考能力も格段に落ちていることを実感しました。

本日四十代最後の誕生日を迎え、心の底から思うことは、「カラダと相談する」という感覚を念頭に置くこと。
年齢ばかり気にしていたら面白くないですが、しかし限られた能力、体力で着実にことを進めるには、一歩引いた冷静さも大事です。いくら体力が以前よりもついてきたとはいえ、無理はできないお年頃です。これからのテーマとしては大人の俯瞰力を強みにしていきたいと思う訳です。

ということで、昨夜は講座終了後に銀座シックスのレストランで家族にフルコースで祝っていただきました。
とても楽しくておいしい時間を過ごして帰宅後のことです。

娘も私も終日の外出で疲れていたのか、ちょっとしたことで衝突しました。
なんとか一緒にお風呂は入りましたが、床につくまで終始無言。

朝起きたらこの子は忘れているんだろうな、と思ったけど、私の気持ちは収まりがつかず同じように余計なことは話さず、目も合わさずにいました。
そして朝食が終わり食器を片付けていると、「ママ、昨日はごめんね」と言いながら娘が抱きついてきたのです。
目にはうっすら涙まで浮かべています。

なぜあんなことを言ったの?」と聞いたら、「ママは実験台なの」と訳のわからない言葉が返ってくるのはやはり子どもらしいと思いつつ、この子にとって、私は安心できる存在であることは間違いないと感じました。子どもにとってその感覚を持つか持たないかで、その後の人生というか、人との信頼関係を築けるかどうかがだいぶ違うように思うのです。
そして自分から謝ってくれたその素直な気持ちが嬉しかったのです。

無遠慮で腹の立つことは多いけれども、怒っても何しても絶対的にそばにいる存在、そう感じてくれていることに感謝の念さえ覚えてしまう私。

自己肯定感の強い娘と低い母のたわいのない話でした(^.^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫よ

2017-06-29 14:21:54 | 日記
昨夜午前2時。
パンパンと何かを叩く音に起こされる。
リビングに向かうと夫が仕事をしている。
昨晩は会社の飲み会でいつ帰ってきたか分からない。が何事もなかったように仕事をしている。

わざわざ起き抜けの顔を見せる必要もなかろうと素通りしてトイレに向かう。
でもなんだかじっとりとした視線を感じる。

すると、私の足元に黒い影が鋭く横切る。
ご、ゴキブリだ!!!
トイレから逃げるように出る、すぐドアを閉める。はぁはぁ

こんなときは落ち着いてキッチンにストックしてあるごきぶりホイホイを組み立てる。
数週間前にも発見して薬局で買ってあったのだ。
落ち着いて、と自分に言い聞かせながらなんとか組み立てる。起き抜けなので手順が悪いがまもなく完成しトイレに設置。

すべて主人の目の前での話。それでも目に入っているのかどうなのかすました顔して仕事を続けている。

しばらくした後、パソコンに向かう私の背中に「おやすみ~」ととぼけた声。

朝、目覚めた娘が青ざめた顔でトイレから出てくる。
「な、なんであんなものがトイレに~!」

そうそう、昨日仕掛けておいたの、かかってた? えっ、見てない? もー!!
見ると昨夜すばしっこかった奴がおとなしく古めかしいいろどりのおうちに入っている。
ごきちゃん、ごめんなさいね。本当は逃がしてやりたいけど、家族の安全を優先すべき私にはこうするしかないの。

「でも、ホイホイすごいね! 百発百中だわ」と朝食時に自慢げに話す。
「昨日の夜、そこを歩いていたから叩こうと思ったらトイレに逃げ込んじゃって・・・」と無邪気に夫。

( ゚Д゚) ガクガク
なぜそれを先に言わぬか、夫よ。
パンパンという音はゴキブリ退治しようとしたときの音だったのだ。

下手したらゴキブリを踏んでたかも、もしくはあの狭い空間で飛来に遭遇していたかもしれないのだ!!!
どうしてそこまで口が短いのだ、夫よ!

今になって気づいたが、夫は私と目を合わそうとしていたのだ。目が合ったら言おうとしていたに違いない。
メンドクサイあらふぃふだぜ。

私も信じがたいが、結婚前は主人は饒舌で私はうなづく係だった。
夕方に差し掛かると「今夜」という艶っぽいタイトルのメールを毎日くれた。

そして、私はピーク時には当時より15キロ増量した。
今はさすがにそのギャップを半分くらいに収めてはいるけど、・・・さて罪深いほうはどっち?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復活

2017-03-14 13:58:47 | 日記
4年前に開設してずっと利用料を払い続けたまま放置していたこのブログ。
私こと、みーちゃんママはその後会社も辞めて見事に復活しました。パチパチ(^^)/
当初は「みーちゃんへの手紙」というタイトルで、いつ死んでも悔いがないようにと4歳の娘へ伝いたいメッセージや日々の出来事を書いていました。が、今読み返しても暗い、くらーい、Cr~y!!
当時は慣れない職場と日々の子育てで時間に振り回され心身ともにボロボロ。投稿時間も早くて10時半で、夜の2時とか4時とか・・・。
最後の投稿なんて「健康に自信がなくなってきました」と(泣)。
その後もつらい日々は続きましたが、今はこうして笑っていられるほど幸せになりました。

今は分子栄養学を学び始めてもうすぐ2年くらい経つのかな。
ゆっくりしたペースだけど、今年中にはなんとか人の役に立てるように開業したいと思います。
みーちゃんへのメッセージも時々は挟もうかな。
もう8歳になって口頭でだいぶ通じるけど、今話しても実感湧かないこともあるみたいだから。
とにかくこれからもよろしくね。しぶとく生きるつもりになってきたから。フフ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

停滞

2013-06-02 21:44:08 | 日記
だいぶご無沙汰しちゃいました。
でも、これからもしばらくご無沙汰すると思います。

不調です。
カラダも、ココロも。仕事もプライベートも。

でも、あなたは可愛い。旦那さんにも迷惑をかけたくない。

だから、大変だけど、なんとか乗り切ってみる。
自分を追い込まず、淡々と頑張ってみるよ。

昨日は代々木のポニー公園行って楽しかったね。

これから仕事だけど、またこんな週末が来ると思えば、・・・ダイジョウブ!
と、母は自分に今日も言い聞かせる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生色々

2013-04-14 01:57:12 | 日記
ありきたりなタイトルで失礼。こんばんは、ママです。
最近、毎日のように「だ~い好き!」って言ってくれて、とても愛おしく感じる。
けど、パパに冷たくしないでね。
まだ4歳なのに空気を読んだ発言によく驚かされる。その気遣い、パパにも発揮してよん。

3月はほとんどここに来れなかったのは、ママの友達の子供が大変な目にあっていたからなの。

パパのDVでママと家を飛び出して、保護施設なんかを転々としてようやく住むところを契約したら、病気になって入院して・・・。
やっと退院かと思えば、ノロウイルスになったりアレルギーが出ちゃったりで、ママの友達も身体を壊していたから、おかゆをつくって持っていったりしてたんだよ。

その子は2歳にして人生の辛酸をなめてしまったけど、みないつかは年を重ねていくと必ずこういう悲しいことも経験することになるんだよね。
親の病気とか、近しい人の突然の死だとか。

あなたは本当に健康で元気いっぱい。悲しい顔をしているのが想像つかない。
でもその日を乗りきる強さとそんなつらい状況にいるまわりの人を助ける気持ちを持ってほしい。

そして、私に何ができるか。
むずかしいね。できる限りいい環境をつくりたいと思うけど、「この人いわゆるいい育ちなんだろうなぁ」って思う人ほど違和感があるんだよな。なんか人として浅いというか。

そんなこと日々考えて暮らしてる。
ママは食べることしか考えてないわけではないのだぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加