まちづくりコンサルの独り言 鈴木 隆男

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
商店街など現場を訪れ日々の出来事を描く

JR亀有駅南口こち亀の路地

2017年07月18日 | 日記
JR亀有駅南口こち亀の路地
JR亀有駅南口には、亀有銀座商店街(振)・亀有中央商店街(振)・亀有リリオ商店会・亀有上宿商店会の4商店街が、協力して活性化に努力している。
亀有公園前派出所に勤務する警察官の両津勘吉(りょうつ かんきち)を主人公とし、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画の舞台である。
南口の亀有銀座商店街(ゆうろーど)、亀有中央商店街の一体に、路地が広がる。
「ゆうろーど」には、こち亀のドラマや映画でおなじみのスポットになった「亀有食品市場」がある。警察官の両津勘吉やその仲間が活躍した路地である。
江戸時代は水戸街道の一里塚が置かれ交通の要衝であったが、大部分は明治になってもひなびた農村だった。明治に入り、1889年の町村制施行に伴う再編でその大部分は青戸村と合併し亀青村の一部となった。1919年に日本紙器製造亀有工場、1938年には日立製作所亀有工場が進出するなど、大正以降、特に関東大震災以降に工業地域として発展した。1932年に亀青村が東京市に編入され、地域は新たに成立した葛飾区の一部となった。
第二次世界大戦では被害がほとんどなかったため、戦後は都心部から人口が流入し、急速に住宅地化が進んだため、農道がそのまま生活道路になったようである。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトドアカフェ テント | トップ | ハシビロコウ 千葉動物公園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。