まちづくりコンサルの独り言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
日々の出来事を描く

飯能市

2016年10月18日 | 日記
飯能市
 同市は都心から約50km圏内に位置し、池袋まで急行で50分程と交通アクセスも良好な環境にある。緑と清流という自然に恵まれ、古くから豊かな森林と人との共生によって、人々の暮らしや文化・歴史、産業が育まれてきた。昭和29年に埼玉県下9番目の市制を施行、古くは林業と織物のまちとして栄えた。昭和40年代からは宅地化が進展し、高校や大学、工場などの立地も進み、首都圏の近郊住宅都市と変化し、平成17年には旧名栗村と合併、県内3番目という広大な面積を持つ市となった。平成17年4月1日には「森林文化都市」を宣言し、自然と都市機能が調和した、暮らしやすい都市を目指したまちづくりに取り組んでいる。人口8万人、世帯数3万3千世帯で人口は年々減少傾向にある。
同市は埼玉県の南西部に位置し、東は狭山市と入間市、南は東京都青梅市と奥多摩町、西は秩父市と横瀬町、北はときがわ町、越生町、毛呂山町、日高市に接している。
地形は山地、丘陵地、台地に分けられ、北西部は山地で、市域の約76パーセントを森林が占めている。南東部は丘陵地および台地で、北の高麗丘陵と南の加治丘陵の間の台地部分に市街地が発達している。入間川、高麗川の一級河川が、西部の山地から東部の台地へと流れている。 気候は、内陸型気候であるが、山間部は季節による気温の変化が激しく、降水量は埼玉県内でも多い地域となっている。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三越千葉店、千葉パルコが閉... | トップ | 協同組合飯能銀座商店街 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。