すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

宝探し

2017-06-14 21:36:11 | うちのキヨちゃん
 うちの納屋は以前上から石が落ちてきて屋根を破損した。前々から裏が危ないと、キヨちゃんはいつも心配している。
 納屋なので色んなものが置いてあるのだが、出入りする機会も多く、いっそ新しいプレハブでも作ろう・・・とキヨちゃんは思いたち、畑の横に小さい倉庫を構えた。
 当初はジャガイモを畑から直で運びこむつもりだったらしいが、当然窓もない倉庫なので、食料を保存するには無理がある。で、結局納屋の道具類をそっちへ移して、野菜や灯油なんかはそのまま納屋に残せばいいや・・・という事になった。
 まあ、大体が、もし納屋が酷い事になるような事態なら、我が家も無事では無い。それこそジャガイモの心配をしている所では無いのだ。
 まあ、そんなわけで倉庫の片づけをしなくてはならないのだが、私やくりりんの休みに合わせられないので、キヨちゃんは人を雇ってとにかく納屋のものを出したり、古いタンスを(実は爺ちゃんの代の古い壊れかけのタンスに物を入れているのだ)処分したりしてもらう。でも、私が片づけた訳では無く、キヨちゃんがキヨちゃんの段取りで「私の物」までそこに入れているので、
 「捨てないで聞いてよ。」
と伝えた。
 とは言え、もしもの事があってもいけないので、とりあえず賞状入れだけ部屋に持ち帰っていた。
 今夜仕事から帰ると、くりりんが私の賞状たちを取りだしていた。それは賞状だけでなく、通信簿やテストの成績表までが入っていたので、断舎利しては・・・と言った。
 「すずは昔から角があったんだね~(笑)。通信簿に「もっと丸く」とか書かれてるよ。」
と笑われた。また、
 「絵が雑だとも書かれてるよ。」
とも。
 観ると確かにそうだったので笑えた。褒められるべきコメントは「まじめ」「負けず嫌い」がどの通信簿にも書かれていた。しかし、今となっては誰も信じてくれないが、「大人しい」「口数が少ない」「給食を残す」なんてコメントも、小学校低学年ではあったのだ。
 ともあれ、こういう懐かしいものが出るのはちょっと嬉しい。
 さて、その私の賞状に紛れてキヨちゃんの物が出てきたらしい。
 「お母さんのが出てきたから渡しといたよ。」
とくりりん。それは、20年以上前の父からキヨちゃんへの手紙だった。当時はまだしっかりと筆が持てたので、綺麗な文字で誕生祝いが書かれてある。キヨちゃんを訪ねると、キヨちゃんは泣いていた。

     

 遅れ馳せのラブレター。良かったね、キヨちゃん。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衣替え | トップ | 病気の名前 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きよちゃん 良かったね (山のすずめ)
2017-06-15 00:37:22
お父さんからの ラブレター、久しぶりに見て 感激したでしょうね。

達筆で、短歌も愛情を感じますね。

きよちゃん、今夜は眠れない⁉︎
山のすずめ様 (すずしろ)
2017-06-16 21:42:19
片づけたら、色んな思い出の物が出てきて、今大変です。
父ちゃんは死んでも「イケメン」です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。