すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

クリスマスまでもう少し

2016-12-20 20:58:16 | ひとりごと
 私もくりりんも、このクリスマスシーズンが大好きだ。とは言え、くりりんはどうか知らないが、私はクリスマスに決していい思い出は無い。
 まず子供の頃、サンタさんは絶対いると信じていた頃、クリスマスの翌日に、
 「昨夜サンタさんが来て、今年は本を貰った。」
 「私はおもちゃ。」
なんて幸せな会話に入る事は出来なかった。何故なら、うちはクリスマスはキヨちゃんがケーキを買ってくれる日で、キヨちゃんが何かしらプレゼントをくれる日で、父が「キリストの葬式」と思いこんでいた日だからだ。
 まだ、ばあやんが生きていた頃、うちのかまどの細い煙突を観ながら、
 「ばあちゃん、うちの煙突が細いけん、サンタさん来んのかなあ?」
と言ったものだ。当然、サンタさんの来ない私を不憫に思うキヨちゃんが何かしらくれるのだと解釈していた(ちっとは空気読めよキヨちゃん!)。
 そして、学生時代。クリスマスを過ごす相手がいた訳でもなく、
 「今夜はね~。ケーキとシャンパンと、ステーキを小さいけど焼くの~。」
なんて、幸せそうな話をする友人に、
 「今日(クリスマスイブ)何かあるん?」
と聞いてドン引きされた悲しい過去がある。
 友人と連れ立ってめかしこんで、レストラン主催のパーティーに行けば、それなりに楽しかったが、何だってくじ引きで季節外れの「タケノコ」(しかも食べられほど成長した、もはや竹に近い)が当たる?ベルベットのワンピースに赤いパンプス。これにタケノコ背負って帰れってか?
 ただ、この美味しい事件は、店のオーナーの計らいでワインに替えてもらったっけ。まあ、タケノコでも「おいしかった」けど…ネタ的には。
 くりりんと出会って、やっとクリスマスらしいクリスマスが出来るようになったが、これが忙しくてなかなか出来なくなっている。
 それでも、何だかこの季節は大好きだ。何でかなあ・・・、仏教徒なのにね。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しいくりりんより、何故か... | トップ | 早出の残業 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うんうん! (山のすずめ)
2016-12-20 22:09:12
そうそう!うちら 田舎の子は クリスマスってのは ケーキを食べれる日だったね~~(^o^)
昔は あっま~~い バタークリームで、二段だった!今、ある?
サンタやモナカの(?)の家、柊やトナカイ…いっぱい 乗ってたような気がするわよ(^o^)

プレゼントなんて 田舎の子は 望むものでも もらえるものでも無いと
思ってたよ。 今の子が 羨ましい(^o^)

くりりんは 忙しそうですが、楽しいクリスマスを 過ごしてね(≧∇≦)
職場で有線放送流してくれてますが、クリスマスソング、聞きあきました(^^;;
山のすずめ様 (すずしろ)
2016-12-21 22:16:17
バタークリームでしたね。生クリームのケーキなんてなかったです。
でも、給食にチキンやパックに入ったバタークリームケーキ付いてました。
クリスマスも仕事だけど、二人とも(涙)
Unknown (ふくだ)
2016-12-22 13:57:13
「うちの煙突が細いからサンタが来ないの?」なんて、なんとピュアな(泣)。
こんなにいろんな情報が乱れ(?)飛んでいる現代でも、サンタさんがいるって思える子供ってステキですね。
プレゼント費用は昔と桁が違って、親サンタは大変そうですけど(^^;
ふくだ様 (すずしろ)
2016-12-23 19:40:12
ピュアな頃もありました(笑)
本当にサンタさんも大変。

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。