鈴木ひろ子の快適住まいDIY

DIY女子の住まいの補修・危機管理対策・お掃除・収納 生活に役立つDIY情報です

壁紙をきれいにする

2011-03-31 23:06:49 | 住まいの掃除

これからの季節、気持ちよく窓を開け放せる時期になりました。

晴れた日の風がある時に壁紙の掃除をしておきましょう。

壁紙の汚れを取る時便利なのが、床用モップ

床用の化学用モップを使うと楽に掃除ができます。なければ掃除機でほこりを取りましょう。普通はこれで十分にきれいになります

どうしても汚れがきになり、水拭きをする場合は、壁の材質の確認をしましょう。

水拭きの注意点・手順

1 布壁・漆喰壁・砂壁などは水拭き出来ませんので注意が必要です。

2 ビニールクロスは、水拭きはできますが、継ぎ目から水が入ると剥がれやすくなりますので、チェックしてからにしましょう。

3 水拭きする時は、いきなり水や洗剤で拭くのは、壁にしみが出てしまします。

4 まず乾拭きでほこりやすすを取り除く 

5 洗剤で拭くときは洗剤を洗剤の指示どうり薄めて、雑巾を浸ししっかり絞ったらモップに取り付け壁の下から上へと拭きます。

6 洗剤を使った場合は、洗剤が残らないように、もう一度しっかり絞った雑巾で水拭きをします。

「下から上へと拭くのは、もし液だれしたときにしみにならないようにするためです。」

    DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節電第一歩 省エネタップ

2011-03-30 12:25:41 | エコ・節電 対策

今この状況で、第一番に必要なことは、節電です。

誰にでも簡単にできる節電は、使わない電気器具のコンセントを抜くことです。

しかし電源を抜くのは意外と難しく、コードが絡まってしまうと抜くコードが分からなくなってしまいます。

コードが絡むことも問題ですが、まず今回は節電のために、このような省エネタップを使いましょう。

この省エネタップは、使う電気器具の差し込み口をON&OFFの切り替えが簡単にできます。

そして重要なのが、省エネタップの差し込み口に 電気器具の名前を書いておくと、間違ないで電源を切ることができます。

注意点

省エネタップには、差し込み口がたくさんありますが、使える電流は、省エネタップの仕様にもよります。

必ず、 TOTAL  MAX ワットを確認して、それぞれの器具のワットを計算して超えないようにします。

     DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「突っ張り棒式家具留め」の威力を発揮する使い方

2011-03-30 09:09:19 |  地震対策

たんす・食器棚・本だな などを「突っ張り棒式家具留め」で地震対策

「突っ張り棒式家具留め」の威力を最大限に出す方法を提案します。

 


「突っ張り棒式家具留め」普通、家具一竿に対して2本使います。 
     家具が重かったり、大きい場合は3本にします。
ポイントは
1 天井の強度を確認する。(天井を押してみてゆがんだりする場合は不向き。別な方法で対策を)

早速試してみてください

2 背の低い家具には不向き (天井までの高さがある場合、強度が弱くなる)

 「突っ張り棒式家具留め」を設置する時、上下に 1枚ずつ補助板を入れることで、面で支えることになり、強度が格段にアップします

手書き図でわかりにくいですが、たんすの上に 「突っ張り棒式家具留め」を挟んで

板が2枚あります。

たんすの下には、ストッパーをつけてあります

3 「突っ張り棒式家具留め」の設置は、箪笥の奥側(壁側)で両端に設置する。
    3本設置する場合は、1本は真ん中に入れる。

4 箪笥の下に入れる「ストッパー」も併用すると、より強度が増します。 

これで避難時間が少しでも多くなり、地震の大きさにもよりますが倒れにくくなります。

 

 今回の地震対策は、2008年1月「NHK教育テレビ住まい自分流」でも紹介しています

テキストをお持ちの方は、参考にしていただければと思います。

担当講師は、私 鈴木ひろ子です 

      DIYアドバイザー鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ・パソコン・オーディオなど対応耐震マット

2011-03-28 22:18:13 |  地震対策

 

地震の時はテレビ・パソコン・オーディオなども落ちてきたり倒れてきたりして、危険です、

ので地震対策には耐震ジェルマットを使うと、機器が倒れにくくなります。

大型テレビなどは、耐震ジェルマット+ベルトやワイヤーなどで固定しておくとより効果的です。

耐震ジェルマットの設置時の注意点

 底面が平らでないものには、ご使用にならないで下さい。

四点支持の機器の場合(ピンポイント設置は禁止)クリープ現象が起きる可能性があります。

機器を重ねての設置はおやめください。

本品で物を吊り下げないで下さい。

本品は食べられません。

抗菌処理済み品への使用は避けて下さい。

設置面の塗装・塗料によっては変色することがありますのでご注意下さい。

フッ素、シリコン系には対応できません。

火気の近くや日光のあたる場所は避けて下さい。

温度が50℃以上・湿度が60%以上の環境では耐用年数が短くなることがありますのでご注意下さい。

プロセブンプロフェッショナル製品の説明より抜粋

我が家のテレビは、今ベルトがないので、とりあえず荷造り用のひもを利用して前と後ろでくくりつけておきました。

 DIYアドバイザー鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すぐ取り掛かろう地震対策

2011-03-25 21:19:46 |  地震対策

東北関東巨大地震から2週間 震災に遭われた方々にお見舞い申し上げます

今回の地震は予想を超えた大きな津波で被害が大きくなってしまいました。

ツナミに対する対策は、国や県・地方自治体などが取り組まないと個人では何もできませんが

家の中の対策は、日々少しずつでもいいですから対策を立てましょう。

対策する目安として

1 家具を出来るだけ低くする    

    重心が下になるので倒れにくい

2 家具を天候防止器具で固定するで具を低くする  

        転倒防止器具で固定することで家具を倒れにくくする 

    家具が倒れにくくなり 避難する時間、避難通路を確保出来る

3 家具に入れている物が飛び出さないようにしておく

    食器などは、 飛び出したり・割れたりすることで凶器となります  

        重い物は下に入れておくと重心が下になります

4 家具・サッシドアなどのガラスが飛び散らないように飛散防止シートを貼る

   ガラスが飛び散ると凶器になります。 私も阪神の震災の時には、ガラスで脚を怪我してしまいました

5 本や物を高く積まない     

    崩れると凶器になる

6 ピアノを固定する

    阪神淡路大震災の時我が家のピアノも動いて斜めになっていました

上記のような事を踏まえて、各家庭の優先順位を考えて出来るだけ早く取り掛かりましょう 

  DIYアドバイザー 鈴木ひろ子   

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

計画節電を少しでも少なくする為の節電方法

2011-03-23 23:29:25 |  地震対策

計画節電を少しでも少なくする為の節電方法を書き並べてみました。

1 夕方から夜の電気器具の使用を出来るだけ控える 

     時間帯により、消費電力が変わるので特にその時間の電気消費を控える

2 使わない電気は、こまめに消す

3 白熱球を使っている場合は、蛍光灯やLEDに替えるとよい

   蛍光灯やLEDは消費電力が少ないので電気代も少なくて済む

4 暖房器具は設定温度を低くする

   洋服を一枚多く着て暖を取る

5 窓のカーテンを厚手にする

   カーテンを厚手にするだけで、窓から部屋の熱が逃げにくくなる

   簡易カーテンボックスもよい

  得する寒さ対策 でいろいろな対策を紹介しています。

http://blog.goo.ne.jp/suzurinn-diy/c/49b60e3688a88974f93d4e38516b95a7

6 家電の待機電力を少なくする

7 冷蔵庫内の冷蔵設定を季節に合わせる (冷蔵弱の設定)

   真夏の暑い時のままの設定になっていないか きちんと冬の設定にしておこう 

8 少し暗くてもよい場所は照明度を落とす

9 また特に 使っていない時の家電はプラグを抜いておく

   停電が終わって通電した時 ショートする場合があるかもしれないので プラグを抜いておくと安心です。

10 水も節水すると節電になります。

   下水処理に電気を使うので間接的にですが節電になります。

    DIYアドバイザー鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カセットコンロを使うときの注意点

2011-03-22 23:18:25 |  地震対策

停電時は、IH(電磁調理器)のコンロが使えなくなり 急場しのぎでカセットコンロを使う事もあると思いますが、

カセットコンロを使う場合は、注意点に気をつけて使うようにしましょう。

注意点

1 カセットコンロを使うときは、換気を良くすること  30分に一度はしっかり換気をする

  寒い時期で窓を空けるのをためらいがちですが、思っている以上に酸素を使います。

2 カセットコンロを2台つなげて使わない  

  ボンベが温まり 中のガスが膨張して爆発することがあります。 大きな事故になってしまいます。

3 カセットコンロの器具とボンベのメーカーは合わせて使う。 差し込み口が合わない場合があります。

  間違ってもトーチ用のガスボンベなどは使わないでください

4 カセットコンロはあくまでも急場しのぎと考え、量の多い料理はしない

   鍋などは あまり大きなものと使わない。 ガスボンベが温まる可能性があったり、炎が大きくなったりして危険です。

5 カセットコンロは、車の中やテントの中では使わない

  一酸化中毒になったり、火災の危険があります

6  カセットコンロを、おおうような大きな調理器具は使わない

   ガスボンベが爆発します

7 カセットコンロを電磁調理器の上で使用したり保管をしない事

   間違って電磁調理器に電源が入ってしまうとボンベが爆発する恐れがあります

8 カセットコンロに火が付いている時は、風は当てないようにしましょう。

9 調理以外の用途の使用しない

   使い方を間違えなければ、停電などの時は 便利な道具なので、各自気をつけて使いましょう。

   DIYアドバイザー鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア登録

2011-03-21 23:52:49 |  地震対策

さいたまスーパーアリーナに、福島の双葉町から避難されています。
今日 ボランティア登録をしてきました。
ボランティアには さまざまな仕事があるようですが、私は自分のできる子どもたちに、和紙で遊んでいただこうと思います。
今日は その登録です。  少しは役に立てるといいのですが・・
後は連絡待ちです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ろうそく用のランタン

2011-03-21 10:14:40 |  地震対策

提案の、ろうそく用のランタン早速作ってみました。

用意するもの

缶ビールなどのアルミ缶  ろうそくの長さによりロング缶でもよい。

キッチンハサミ

ラジオペンチ

小石・砂 少量

ろうそくの形状により 釘があればなおよいです(今回は使用していません)

作り方

1 キッチンバサミで、ふたの部分を切り取りる

2 U字型に切り取る

3 カーブに切り込みを入れる

4 ラジオペンチで端を折り曲げてつぶす

5 底に  釘を立てる 

5 アルミ缶の周りの凹んだ部分に、小石または砂などを入れる  (写真は用意出来ず入っていません)

6 釘がない場合  火傷や火に注意して ろうそくのローを溶かして垂らし ろうそくをたてる

   この場合は ローを垂らすろうそくと立てるろうそくを別にするとよいです

ろうそくを使う場合は、手元が暗いので 火の取り扱いには 十分注意しましょう

停電になる少し前から 用意して火の回りに何もないようにしておく

誰かが必ず 火の管理をしているのも重要です

ポイント

重しに小石や砂を入れると 安定してなおよい

台にのせて置くとランタンの移動が楽になる

選ぶ缶は、ろうそくの炎の高さより高くする

注意

缶の切り口は危険です。注意して作業しましょう。

缶が熱くなるので、素手では触らない

みなさん いろいろ工夫しているようです

          DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未曾有の東北関東大震災

2011-03-20 11:40:08 |  地震対策

未曾有の東北関東大震災から10日経ちましたが まだまだ行方の分からない方、避難を余儀なくされている方々が大勢いることを

心配しながら、少しでも早く避難生活が改善方向に向かう事を願います。

そして少しでも早く 被災された皆様が安心できるように頑張っている、ボランティアの方をはじめ販売・輸送・整備・医療・各国から災害対策で来ている皆様まだまだ書ききれないすべての皆様ありがとうございます。

阪神淡路大震災の時も、いろいろな方々の手を借りながら、復興していまの神戸があります。

あの時も、このまま自分たちはどうなってしまうのか ものすごく不安でした。

その時より、すべてがあまりリも大きな被害で比べようもない中で、みなさんが今の状況に立ち向かいながら、頑張っている様子に心より応援いたします。

そしていま私たちができることは、節電・日用品の買い控え・など震災復興のためになることは、出来る限りすることだと思います。

小さな力が、大きな力になります。早い復興を願いつつ、みんなでこの状況に立ち向かいましょう。

 DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローソクの灯りをアルミホイルで明るくする方法

2011-03-16 11:09:46 |  地震対策

我が地域でも電気の供給制限が実地されました。

前日に、我が家で 試し停電を体験して ローソクであかりを取りましたが、もっと明るくなる方法を、考えてみました。 ローソクの周りにアルミホイルを置いたら光が反射するのでは・・

さっそく作成してみました。

作り方は簡単です。

作り方

1 丈夫な段ボール(飲料水の段ボール)を用意する

2 箱を切り開く

3 多角形になるように、段ボールに筋を入れる

4 アルミホイルを貼る部分に両面テープを貼る 筋を入れた部分にも貼りしっかり押さえておく

5 アルミホイルを箱から出し、両面テープを剥がしながらアルミホイルを少しずつ貼る

これで そのままローソクを立てたより 部屋全体がずいぶん明るくなりました

火の取り扱いには十分注意しましょう

 

また 懐中電灯は天井に向けると部屋全体が、見渡せるほどに明るくなります。

今回の停電は、開始時間が過ぎて、安心していた矢先に停電してしまいました。

停電の対象時間中はいつ切れるかわからないと 心の準備をしておきましょう

  DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

ブログ村に参加しております クリックしていただけるとカウントされて
順位が上がり ブログ更新の励みとなります よろしくお願い致します
         
     

         

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最低限必要な伝達情報を持ち歩こう

2011-03-14 10:23:32 |  地震対策

最低限の情報として

各家庭・個人の伝達情報を持ち歩こう

家族 一人ひとり連絡取れる方法

電話番号・アドレス

昼間常時いる場所の住所・電話番号・ファックス

緊急連絡先 数か所

避難場所

持病のある人は、常備薬 かかりつけ病院の連絡先

携帯電話がかかりにくかったり、電源が切れている時 公衆電話で連絡取れます。 

 

DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電気の供給制限  冷蔵庫内の対策

2011-03-14 07:53:09 |  地震対策

電気の供給制限  冷蔵庫内の対策を、思いつくままに準備しています。

冷凍食品を、電気が切れる前に、新聞紙にくるんで冷凍庫に戻しました。

これで電源が切れても3時間なら比較的温度が上がりにくいかと思います。

データーや実証済みではありませんが、今試してみています。

   DIYアドバイザー鈴木ひろ子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京電力の電力供給制限が発表されました 水を確保しましょう

2011-03-13 22:13:30 |  地震対策

今回の東北巨大地震の犠牲になった方のお悔みを申しあげますとともに 被災された方のお見舞い申し上げます。

ニュースを見ていて 阪神大震災で経験した何かを発信しなければと思いながらも、あまりの規模の大きさに言葉が見つかりません。

ただ今発信できることは、水の確保ができる方は速やかにしておきましょう。

電気の供給制限で、電気を使えない時間があります。

とりあえず水の確保をしておきましょう。

飲料水の確保をしておけば、少しは安心です。 それからおふろの残り湯は捨てずにトイレ・洗濯などに利用しましょう。

 

もし今水の準備のできる方は、すぐにしておきましょう。

ペットボトルに入れてもいいですが、もっと大量に確保するときは、

45Lくらいのごみ袋を3~5重にしてあまり大きくない箱に入れて、水を張り中側から1枚ずつ輪ゴムで留めて確保です。

ポイントは

1 必ず水道水を使う  水道水は塩素が入っているので20日くらいは持ちます。  浄水器の水は使わない  日持ちがしません

2 ごみ袋より大きい容れ物は、安定しませんので、容器は小さめでお願いします。

3 強度のない容れ物は、使わない。

   DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震対策をまとめた記事

2011-03-12 20:57:14 |  地震対策

今までこのブログに載せた地震対策記事のまとめがこちらにあります。

何か参考になればと思います。

http://blog.goo.ne.jp/suzurinn-diy/c/7f10d411a76596e117970b612b58c4ed

  DIYアドバイザー 鈴木ひろ子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加