白ユリのSOKA歓喜の詩 ~私の見た創価学会~

創価学会員となり十数年。アラフォー婦人部員の白ユリが、ありのままの創価学会員の日常をつづります。

創価学会員という生き方 ③

2017-04-23 16:32:39 | 日記
在家の仏道修行者として、一人一人が日々社会や家庭および地域で自分の本分を果たすべく奮闘し、かつ仏法流布のために対話に励み、近隣や家族友人の幸せを祈って朝晩の勤行ならびに都度唱題をするのみならず、その際には世界平和をも祈願している、という人々です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お題目をあげるとどうなるの... | トップ | お題目をあげるとどうなるの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (むっく)
2017-04-23 20:46:15
毎回ありがとうございます(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
むっく様へ (白ユリ)
2017-05-14 14:00:15
こちらこそありがとうございますm(_ _)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。