白ユリのSOKA歓喜の詩 ~私の見た創価学会~

創価学会員となり20年。アラフォー婦人部員の白ユリが、ありのままの創価学会員の日常をつづります。

お題目をあげるとどうなるのか ④

2017-04-23 15:37:17 | 日記
端的に言えば、「幸せになれます」

もう少し説明します。
お題目というのは、「妙法蓮華経」という自然の法則に「南無」する、つまり、自然の摂理や法則に則るということです。

不自然なものは自然に。
不幸なものは幸福に。
反社会的なものは社会的に。

生まれてきた使命を果たす方向に行くのです。
使命は一人一人違い、「桜梅桃李」ですけれどもね。

もしその人にとって間違った道を歩んでいたら、「自然」と軌道修正されます。

だから、幸せになれるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お題目をあげるとどうなるの... | トップ | 創価学会員という生き方 ③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。