白ユリのSOKA歓喜の詩 ~私の見た創価学会~

創価学会員となり十数年。アラフォー婦人部員の白ユリが、ありのままの創価学会員の日常をつづります。

日蓮大聖人 御書 「顕仏未来記」より

2017-05-16 23:47:36 | 日記

「雨の猛きを見て竜の大なるを知り華の盛なるを見て池の深きを知る」等云云、

妙楽の云く「智人は起を知り蛇は自ら蛇を識る」等云云、

日蓮此の道理を存して既に二十一年なり、日来の災・月来の難・此の両三年の間の事既に死罪に及ばんとす今年・今月万が一も脱がれ難き身命なり、

世の人疑い有らば委細の事は弟子に之を問え、幸

なるかな一生の内に無始の謗法を消滅せんことを悦ばしいかな未だ見聞せざる教主釈尊に侍え奉らんことよ、

願くは我を損ずる国主等をば最初に之を導かん、我を扶くる弟子等をば釈尊に之を申さん、我を生める父母等には未だ死せざる已前に此の大善を進めん、

但し今夢の如く宝塔品の心を得たり、

此の経に云く「若し須弥を接つて他方の無数の仏土に擲げ置かんも亦未だ為難しとせず

乃至若し仏の滅後に悪世の中に於て能く此の経を説かん是れ則ち為難し」等云云、

伝教大師云く「浅きは易く深きは難しとは釈迦の所判なり浅きを去つて深きに就くは丈夫の心なり、

天台大師は釈迦に信順し法華宗を助けて震旦に敷揚し・叡山の一家は天台に相承し法華宗を助けて日本に弘通す」等云云、

安州の日蓮は恐くは三師に相承し法華宗を助けて末法に流通す三に一を加えて三国四師と号く、南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経。
 

 文永十年太歳癸酉後五月十一日 桑門日蓮之を記す

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お題目をあげるとどうなるの... | トップ | 日蓮大聖人 御書 新池御書より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。