白ユリのSOKA歓喜の詩 ~私の見た創価学会~

創価学会員となり十数年。アラフォー婦人部員の白ユリが、ありのままの創価学会員の日常をつづります。

お題目をあげるとどうなるのか ⑤

2017-05-14 14:00:29 | 日記
何やってもどこ行っても、まずは祈り根本でないと、穴開きのザルで水をすくうが如く空転するね。

ご本尊様にお題目を唱えることによって自らの生命に内在する最高境涯「仏界」が開く。つまり、仏性が自身に現れる。

それを以ってして行動すれば、世の中が良くなるという方程式。そして、人間は人間の中で磨かれる。

世の中が大げさ❓
ならば、自分を取り巻く「環境」または「コミュニティ」と言い換えようか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創価学会員という生き方 ③ | トップ | 日蓮大聖人 御書 「顕仏未... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。