白ユリのSOKA歓喜の詩 ~私の見た創価学会~

創価学会員となり十数年。アラフォー婦人部員の白ユリが、ありのままの創価学会員の日常をつづります。

地元の日蓮正宗寺院改築の折

2016-12-10 09:51:24 | 日記
もう30年も前のことだが、学会員も真心のご供養をさせていただき改築したある寺院は、仏間に冷暖房設備はなかった。

逆に、住職たちの居住スペースには立派な空調設備が完備されていた。

こんなとこと離れられてよかったとつくづく思う。

会館の立派なこと。段差は少なくエレベーター完備、椅子もたくさん。冷暖房も常に適切温度。トイレはいつもピカピカに綺麗で、ほとんどが温座洋式。無料の湯茶提供機まで標準設備。本当に会員一人一人を大切にしている、創価学会員の誇りだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田先生の指導より ② | トップ | 池田先生の指導より ③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。