スズアセット ブログ

スズアセットが運営するブログです。

報道の在り方

2017年07月13日 | 日記

一昨日のテレビ番組に国家基本問題研究所理事長等を務められている櫻井よしこさんが出演されて、中国との日本の関係立場・北朝鮮の問題・憲法議論・先日の都議会選挙について・加計学園における文部省及び野党の姿勢等など多岐にわたり持論を述べていました

その番組の中で終盤ニュース番組の報道の仕方があまりにも偏り過ぎた報道が多いことを指摘していた

確かに、加計学園の問題に対しては野党の意見を多く放映し、また文科省前事務次官の主張を多く放映し、設立予定地の前県知事の発言内容は僅かに触れただけと言う印象が深い

また、ニュース解説者たちもやたら与党の姿勢を批判するだけでこれでは片手落ちだと言わざる得ないと思う

世論調査をここの所頻繁に行いその結果を毎週の如く発表しているが、その調査の仕方や質問形式などはあまり聞こえてこない

質問の仕方によればおのずと答えも偏るのではないだろうか

この点についてもかなり強く意見を述べられていた

久しぶりに何か私が日頃感じていたことをストレートにお話しいただいた番組及びゲストの櫻井さんに胸のわだかまりが解消したような気がしました

体制反対のイエスマンばかりテレビで取り上げるのではなく、このような方の意見もあることを伝えるのが報道の基本ではないだろうか

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 既得権の弊害 | トップ | 加計学園問題で »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。