スズアセット ブログ

スズアセットが運営するブログです。

自衛

2017年07月29日 | 日記

ここのところ北朝鮮が何かと日本にちょっかいを出してきている

日本の排他的水域領海内に侵入し、警告をした日本船に対し銃口を向け威嚇したり、300隻にも及ぶ漁業船団で日本の領海内で資源保護をしつつ漁をしている漁師に対し底引き網のようなもので一挙に魚介類を浚っていく、また領海内にミサイル打ち込み嫌がらせはエスカレートしている

これに対し日本の政府は強く抗議し非難すると言った声明を出すのみで、これでは相手に甘く見られてしまうのではないだろうか

北方領土未解決の今、日本の漁船がロシアの水域に入り漁をしたとなれば即刻拉致されてしまうニュースは度々テレビで報道されている

また、北朝鮮が韓国の領海内に発砲すれば即時韓国は臨戦態勢をひき、敢然として立ち向かう姿勢を示している

これらに対し日本は如何であろうか

武力による解決はしないと言う立場をとっているが、例えばやくざ者暴力団が一般市民を脅かしまた暴力を振るっていても警察は「止めてくれませんか」と言うだけなのでしょうか

自衛隊は災害の時の予備軍なのでしょうか

何か変ではありませんか

国民の生活を守るのが政治だとすれば、時には外敵に対し市民を守る事も大事なことだと思うのですが

昔、中曽根首相が「戦力防衛力による威嚇が自国の平和を守る一つの方法である」といったような趣旨の発言をされていたことが有った様な気がしますが、憲法改正反対だとか自衛隊問題のごたごたで与党を突っついている野党もみなさん、「自国を守る事を国民の命を守る事をしっかりと考えてください」と強く希望します

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人望 | トップ | 商いの根本 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。