鈴木良さんの教師修業の道

高校・国語教師の鈴木良治のブログです。日々、分析批評と討論の授業を探究しています。

2017年2月の読書メーター

2017-03-07 21:38:04 | Weblog
2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1913ページ
ナイス数:22ナイス

本物のおとな論 人生を豊かにする作法本物のおとな論 人生を豊かにする作法感想
大人をさまざまな角度から分析・定義する。私は「真似でなく、自分の頭で考えるのが大人である」がちょっと弱いかな。
【心に残った言葉】大人は生活経験によってみがき上げられるものだから、学校を出た人が生活に欠けるのはむしろ当然。いつまでもこども的である。大人になれない。(3頁)
読了日:2月26日 著者:外山滋比古
俳句と暮らす (中公新書)俳句と暮らす (中公新書)感想
飯を作る、会社で働く、散歩をする、など日常の切り取り方がよい。当たり前の生活の中で句ができたらこんなに幸せなことはない。
【心に残った言葉】忘れてしまって困るような一日ではない。しかし、その一日を私たちはある充実感をもって生きていたのである。それが日常というものだ。私はそんな日常を大切にしたいと考える。(はじめに)
読了日:2月24日 著者:小川軽舟
対話する社会へ (岩波新書)対話する社会へ (岩波新書)感想
道は険しいが、人間がこの地球上で折り合って生存していくためのキーワードは「対話」だと思う。
【心に残った言葉】戦争・暴力の反対語は、平和ではなく対話です。/平和(平穏な生活)を支えているのは、暴力的衝突にならないように社会の中で対話し続け、対話的態度と、対話的文化を社会に根づかせようと努力している人々の存在だということに、私も気がつくようになりました。(まえがき)
読了日:2月21日 著者:暉峻淑子
転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)感想
感】11人のオジさんたちが中高生の目線に合わせて熱く未来を語る。大人もなるほどと思わず頷く生きるための指南書だ。
【心に残った言葉】「自分の身体に訊く」ように仕向ければ、人は外界からの情報入力に対して開放的になり、貪欲になり、「もっとデータを」という前のめりの構えになるということです。これが「学ぶ」ということです。(42頁)
読了日:2月17日 著者:内田樹,鷲田清一,高橋源一郎,加藤典洋,平川克美,小田嶋隆,白井聡,山崎雅弘,想田和弘,仲野徹,岡田憲治
東雲ノ空-居眠り磐音江戸双紙(38) (双葉文庫)東雲ノ空-居眠り磐音江戸双紙(38) (双葉文庫)感想
いよいよ磐音がおこんや息子の空也とともに江戸に戻ってきた!あちらこちらへの帰着挨拶にも忍び寄る刺客の影。田沼との闘いはどのように決着するのか、興味尽きない展開である。
【心に残った言葉】目を瞑り、心の中で、私が空也です、とご挨拶しなされ。気持ちが関前の爺様婆様に伝わります。(312頁)
読了日:2月16日 著者:佐伯泰英
知性の磨き方 (SB新書)知性の磨き方 (SB新書)感想
知識を生かす力、ぐらいに考えていた「知性」だが、その磨き方が具体的に書かれている。自分に適合するモデルや思想を読書で探し続けたい。
【心に残った言葉】常に、「本質的かつ具体的」に思考する習慣を練習して身につけること。これが知性の磨き方の基本トレーニングになります。(203頁)
読了日:2月12日 著者:齋藤孝
教養としての「世界史」の読み方教養としての「世界史」の読み方感想
歴史は繰り返す、という視点に立ち、その歴史から何を学ぶかをうまく抽出している。丸山眞男氏が「ローマの歴史の中には、人類の経験のすべてが詰まっている」と言ったということも初めて知った。
【心に残った言葉】「寛容」で成長したローマは「傲慢」で滅ぶ(112頁)/かつて人は神々の声に従って行動していた(194頁)/人間社会は繁栄すると必ず退廃していく。(298頁)
読了日:2月11日 著者:本村凌二
憲法の「空語」を充たすために憲法の「空語」を充たすために感想
もやもやした日本の政治情勢がスカッとわかる。民主主義はベストではないが、日本国憲法とともにしっかり守らなければならない。そして憲法に謳われた「日本国民」に胸を張ってなりたいものである。
【心に残った言葉】学校教育というのは共同体を支える次世代市民の成熟を支援することです。…教育の適否は「共同体がまだ存続して、順調に機能している」という事実によって事後的に検証するしかない。(60頁)
読了日:2月4日 著者:内田樹

読書メーター
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年1月の読書メーター | トップ | 3月の読書メーター »

Weblog」カテゴリの最新記事