猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

いろいろ考えることの多い毎日

2017-07-23 17:27:31 | 日記
最近は部下をどのように育てるかを大きな課題にしています。

私自身は卒後3年目から大学教員となり、大学教員として研究活動を行い、論文を書き学会発表もさせていただき、博士号も取得させていただきました。当時はセラピストで研究する人材は多くなく、英語で論文を書くセラピストも珍しい時代でした。おかげさまで、教育者、研究者としてここまで生活させていただきました。

今は、大学院に行かれる方も多く、よほどインパクトのある研究でないと目立たない時代になりました。
大学教員を希望しても多くのポストが あるわけでもなく、研究をしているメンバーが勤務している施設で優遇されているわけでもない現状もあります。

50歳半ばになった私としては、どのように部下を発展させるかを考えている今日この頃です。
いろんな仕組みを考えていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機器解析セミナー | トップ | 自分の話を聞いていただける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL