猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

心身ともに健康で仕事を成功させることの難しさ

2017-03-08 17:49:49 | 日記
私は部下とゆっくり話したいという思いはありながらもできていないところをメールで伝えている。

私の一番 近い部下は大学の教員である。私の教員には、うるさいくらいメッセージを出している。

教育に関する内容、大学教員としての内容である。
最近、部下も多分 疑問としているだろうメッセージを出した。

それは、「できるだけ、有給休暇をとりなさい」といメッセージである。部下からは、「貴方(私のことです)がとらないのにとれるわけがない」という心の叫びが想像できる。

今回のメッセージ それには理由があります。私は、若い時から休暇はとらずに、仕事、仕事で頑張ってきました。その結果、仕事では素晴らしい仲間に恵まれた。また、少ない休みを上手く趣味に使って精神的な安定をはかってきたわけです。

50歳を過ぎた時から、身体の衰えを凄く感じるようになった。この身体の衰えの時に仕事が頑張れるのは、ちょうど良い精神状態を保てているのではないかと勝手に想像するわけである。

この精神状態を保つ方法はいろいろあるでしょうが、ゆっくり休んで余暇の時間に使ったり、家族との時間に使ってほしいと真に思うわけです。

しかし、私の部下からは、「真剣に教育し、きちんとした業績、英論文を書き、そして有給は使え」というようなわけわからないことを叫んでいる上司と思われているでしょうけれど………
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多くの理学療法士が誕生する... | トップ | 卒業式、修了式 イベント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL