猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

私は基本動作を改善できる 治せる 理学療法士でいたい

2017-10-30 23:20:06 | 日記
「理学療法士が理学療法だけやっているだけではダメである。様々な場面に目を向けることが出来るセラピストが大事である。」というような投稿をみる。あるところでは、「患者さんを歩く訓練をしていたが、患者さんの思いは車椅子で外出したいということであり、患者さんの思いがわからずに訓練することは良くない」というような投稿に多くの方から感動したという意見。

素人さんが考えるならばそれでも良い。我々は「基本動作を良くする職人である」

理学療法士のテクニックが優れていたら、患者さんは更なる改善を求めるものである。
私は生涯、治せるセラピスト でありたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動作分析では、患者さんの実... | トップ | 東洋医学実践サークル での... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事