猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

理念のない病院経営は無意味

2017-02-18 09:01:30 | 日記
先日、お世話になっている病院の事務長が退職された。いわゆる解雇である。

退職後に食事をして再確認したが、そこの経営者は患者さん目線ではなく、経営だけしか考えていないことがわかった。今まですごく大切にさせていただいた施設ではあったが、今回の件では非常に憤りを感じている。

事務長は短期間の勤務となったが、常に患者さんのことを思って行動していたので、そのような方が辞められるのは本当に残念です。

経営は大事ですが、患者さん目線の運営はもっと大事であることを実感した。その施設とのお付き合いは今後考えようと思いますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日は名古屋で講演、明日は... | トップ | 国家試験 全員合格を信じて... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
経営の難しいさ (新意欲)
2017-02-20 13:47:54
経営は絶対ですが。本質、理念を誤ってしまえば必ず破綻してしまいますよね。
医療、介護は患者様のためのものです。これが充実できていないと、職員の満足度も向上しません。倫理や理念を忘れがちな経営者は多くいます。確かに儲けないと事業は成立ちません。小職の務めた病院でのリハビリ職員の仕事はとても重要でした。身体の改善も当然ですが、リハを受けれる患者様、通所者は介護や機能訓練のありがたみを最も身近に感じる人たちです。職員がうんざりしながら、熱意もなく働いていては良き施設ができるはずはありません。職員も患者様同様です。職員のモラル低下は質の悪いサービス医療の提供になります。決して忘れてはならない経営の真柱です。いずれ又挑戦したいと思っています。組織は一人ではないr立たないものです。先生いずれご相談に乗って下さい。感謝。
Unknown (新意欲)
2017-02-26 20:54:19
大切な部下やセラピストのための貴重なブログを利用して申し訳ありませんでした。ご活躍祈念しております。
これからも宜しくお願い致します (鈴木俊明)
2017-02-27 07:59:33
いつもコメント感謝しています。これからも応援宜しくお願い致します。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事