猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

大学教員は臨床ができないといけない

2017-08-15 07:53:49 | 日記
教員の皆さん 学内教育では学生にとっては先生ですが、卒後 学生が理学療法士になっても理学療法士としての先生と言われる資格がありますか?

我々 教員はセラピストである。セラピストしてできないといけない。臨床に役立つ研究をして、その結果を外部発信しなければいけない。

本当にそう思う!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講習会の講師をして感じること

2017-08-15 07:52:37 | 日記
先週、園部先生の研究会で2日間 体幹機能に関する講習会をさせていただきました。参加者は大変熱心で積極的な姿勢に感謝しております。
参加者は若い方々が多く、これからのセラピストの未来は明るいと思います。最近の若手は良くないというメッセージをいう先輩セラピストもいますが、私はそのようには思いません。年々、若手の熱心なセラピストが増えています。
反対に、先輩セラピストの実力のなさも感じます。若手セラピストが私への質問で、先輩セラピストの若手セラピストに対する助言内容が適切でないことが多いですね。
昨日は、2つの施設で講習会をさせていただきましたが、やはりそのような傾向を感じる場面がありましたね。
若手、先輩という区別でなく、どの年代にでも熱心な方とそうでない方がいるということでしょうが。。。
新人セラピストの熱心な姿勢が継続できるシステムを構築しなければいけないとは本当に感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機器解析セミナー 2017

2017-08-11 10:37:47 | 日記
私が世話人をしている関西機能解析研究会では下記のセミナーを実施します。
皆さん 宜しくお願い致します。

機器解析セミナー2017

会場:関西医科大学附属病院
〒573-1191 大阪府枚方市新町2丁目3番1号  072-804-2780
会期:平成 29 年 9 月 18 日(月・祝)
定員:150 名まで(理学療法士、作業療法士、医師)
会費:8,000 円
受付開始:9時30分(13階講堂)

プログラム
Special Lecture 10:00 ~ 11:30
臨床での動作分析の方法
関西医療大学大学院保健医療学研究科  教授 鈴木俊明
昼休憩 11:30 ~ 12:30
午後:選択いただいた実技ブースを2つ受講していただきます(各 90分)
第1セッション 12:30 ~ 14:00
第2セッション 14:15 ~ 15:45
実技ブース:(病院13階および総合リハビリテーションセンター)
1)誘発筋電図と運動学習-痙縮評価を中心に-(13 階講堂)
関西医療大学大学院保健医療学研究科  教授 鈴木俊明
2)身体動揺測定の基礎(総合リハセンターOT 室)
金沢大学保健学系リハ科学領域理学療法科学 教授 浅井 仁
3)表面筋電図を用いた歩行解析(13階合同カンファレンス室)
関西医科大学附属病院リハ科  理学療法士 森 公彦・脇田正徳
4)歩行解析に基づく運動課題設定(総合リハセンターPT室)
鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法学科  教授 畠中泰彦
5)表面筋電図による上肢の運動解釈(13階地域医療連携室)
伏見岡本病院リハ科  技師長 三浦雄一郎
申込みは、http://www.fa.grade-a1.com/index.html へお願いします。
本セミナーは、日本理学療法士協会専門理学療法士(基礎(全領域)、神経(全領域))制度ポイントに認定されています。
事務局 関西医科大学附属病院リハビリテーション科  担当 中條雄太、前田将吾
連絡先 kmu_reha@yahoo.co.jp(ご質問等はメールにてお願い致します)
申込み期限 2017 年 8 月 31 日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の話を聞いていただける喜びに感謝です

2017-07-30 20:38:48 | 日記
金曜日の夜にはワークシフトのナイトセミナー、本日は仙台での体幹機能の講習会をさせていただきました。
高木先生、千葉先生 本当にありがとうございました。

自分の考えを真剣に聞いていただける参加者の皆さんに感謝です。

さて、今週土曜日は医師向けの講演会、日曜日は大学のオープンキャンパスの後で運動学に関する講習会です。

ありがたく努力させていただきます。

真剣に丁寧に話すこと 大切にしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ考えることの多い毎日

2017-07-23 17:27:31 | 日記
最近は部下をどのように育てるかを大きな課題にしています。

私自身は卒後3年目から大学教員となり、大学教員として研究活動を行い、論文を書き学会発表もさせていただき、博士号も取得させていただきました。当時はセラピストで研究する人材は多くなく、英語で論文を書くセラピストも珍しい時代でした。おかげさまで、教育者、研究者としてここまで生活させていただきました。

今は、大学院に行かれる方も多く、よほどインパクトのある研究でないと目立たない時代になりました。
大学教員を希望しても多くのポストが あるわけでもなく、研究をしているメンバーが勤務している施設で優遇されているわけでもない現状もあります。

50歳半ばになった私としては、どのように部下を発展させるかを考えている今日この頃です。
いろんな仕組みを考えていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加