鈴木商会の写真日記

思いつくまま。

ファミコンミュージック

2016年10月14日 23時59分00秒 | Weblog

今さらながら、こんなCDを買ってしまいました。
無駄に高音質な(=8bitサウンドには必要なさそうな)BSCD2だそうです。
収録曲は年代順ではありませんが、ソフトが発売された順に聴いていくと、音が良くなっていくのがわかります。
※カートリッジを交換しても音を出す部品は変わらないのだから同じ音しか出ないはずですが、内蔵音源の扱い方が上達したことと、ROM容量の増加によって複雑な音が作れるようになった

さらにディスクシステムの登場で新たな音源が搭載され、(当時としては)画期的なほどサウンドの幅が広がりました。
ゼルダの伝説(初代)のオープニング曲には度肝を抜かれたもの。

ファミコン音楽を収録したCDは他にも持っていますが、SE(効果音)が混ざっていたり、前述のゼルダの伝説がディスクシステム版ではなかったりと、あまり納得できるものではなく、今回の衝動買いにつながった訳です。

歳がバレますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DJ再入門 | トップ | 夜のお仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む