鈴木しんいちの愛川町レポート(日本共産党の愛川町議会議員 鈴木しんいちの議員活動と日常を紹介しています。)

鈴木信一は、愛川町に住んで47年。2015年10月の町議選で初当選。愛川町議会議員として、町民の願い実現に奮闘中。

平成28年度 愛川町議会教育民生常任委員会 広島県に2泊3日の行政視察①

2016年11月02日 | 愛川町

  10月19日から21日の2泊3日で愛川町教育民生常任委員会として広島県の呉市、尾道市、福山市に行政視察に行ってきました。

  1日目は呉市の「ジェネリック医薬品促進の取組み」について。
 2日目は尾道市の「おのみちスローフードまちづくり事業」について。
 3日目は福山市の「第二次福山市健康増進計画」と「第二次福山市食育推進計画」について、各市の先進事例を学ぶことが目的です。

 私たち一行は愛川町を7時15分に出発し、羽田空港から広島へ向かいました。12時頃に広島空港に到着。市内の食堂で昼食を済ませ、最初の訪問地である呉市庁舎に向かいました。

   呉市は、人口約23万人で軍港の町として栄えた町です。戦争中は40万人の人口を有し、日本一の海軍工廠を擁するまちとして発展し、戦後は造船、鉄鋼、機械金属、パルプ産業等の企業が相次いで進出し、臨界工業地帯としての基盤を確立しました。

  出迎えてくれた職員の案内で、昨年12月に完成したばかりの新庁舎の中に入ると広々とした空間が広がり、豪華なだけでなく災害時に備えた設計であることが分かりました。また、私たち一行を歓迎する表示が各階に電光掲示版で周知されている事にも驚きました。

     ・・・つづく

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中津太田交差点の右折ライン... | トップ | 平成28年度 愛川町議会教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛川町」カテゴリの最新記事