みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

成島毘沙門のカタクリ大分咲いた(4/3)

2017-04-05 16:00:00 | 花巻周辺
 成島の毘沙門はたちまちカタクリの花が咲き競い始めている。
《1 》(平成29年4月3日撮影)

《2 》(平成29年4月3日撮影)

《3 》(平成29年4月3日撮影)

《4 》(平成29年4月3日撮影)

《5 》(平成29年4月3日撮影)

《6 》(平成29年4月3日撮影)

《7 》(平成29年4月3日撮影)

 カタクリの蜜標は個性的でいろいろだ。
《8 》(平成29年4月3日撮影)

《9 》(平成29年4月3日撮影)

《10 》(平成29年4月3日撮影)

《11 》(平成29年4月3日撮影)

《12 》(平成29年4月3日撮影)

《13 アズマイチゲも》(平成29年4月3日撮影)

《14 》(平成29年4月3日撮影)

《15 》(平成29年4月3日撮影)


 続きへ
前へ 
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。

【宣伝】 来る4月15日(土)、『賢治の広場』(花巻市上町・岩田ビル)において下掲のような「宮沢賢治・花巻市民の会」主催『第三回 宮沢賢治カフェ』が開催されます。
 午後2時から1時間半程度で、その内容については2部構成で、
  ・第1部 おはなし「羅須地人協会時代の宮沢賢治」 鈴木守
  ・第2部 賢治作品の朗読 「葡萄水」「山の晨明に関する童話風の構想」 ざしきぼっこの会

というものです。
 第1部 「羅須地人協会時代の宮沢賢治」につきましては、私鈴木守が、拙著『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』を主に、併せて『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』も資料として用いながら、「羅須地人協会時代の賢治」の真実に迫りたいと思っております。

 なお、これらの二著につきましては当日お越しの方々には謹呈いたしますので、皆様どうぞお越し下さい。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胡四王山(カタクリの花やはり... | トップ | 我が家の庭(タツタソウ、4/5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花巻周辺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL