みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

花巻城趾(ミズバショウ等、4/17)

2017年04月20日 | 花巻周辺
《1 ミズバショウ》(平成29年4月17日撮影)

《2 ネコノメソウもいっぱい》(平成29年4月17日撮影)

《3 スギナも》(平成29年4月17日撮影)

《4 こちらはヤマネコノメ》(平成29年4月17日撮影)

《5 おっ、ミヤマハコベだ》(平成29年4月17日撮影)

《6 こちらは普通のハコベ》(平成29年4月17日撮影)

《7 オオタチツボスミレ》(平成29年4月17日撮影)

《8 》(平成29年4月17日撮影)

《9 去る4月6日に訪れた時と違って、キバナノアマナの花の盛りは終わっていた》(平成29年4月17日撮影)

《10 オドリコソウ》(平成29年4月17日撮影)

《11 オオハナウド?》(平成29年4月17日撮影)

《12 ノボロギクやヒメオドリコソウ等》(平成29年4月17日撮影)

《13 カキドオシ》(平成29年4月17日撮影)

《14 セイヨウタンポポ》(平成29年4月17日撮影)

《15 こちらのスミレはタチツボスミレ》(平成29年4月17日撮影)

《16 これは何のスミレかな、ナガハシかな》(平成29年4月17日撮影)

《17 関登久也の歌碑》(平成29年4月17日撮影)

    わがこころ豊かなる日はひとひらの雲さへ花のごとく匂へり
《18 傍にコブシ》(平成29年4月17日撮影)

《19 「花巻城本丸跡」案内板》(平成29年4月17日撮影)


 続きへ
前へ 
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。


《鈴木 守著作新刊案内》
 この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』が出来いたしました。
◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』(定価 500円、税込み)

 本書の購入をご希望なさる方がおられましたならば、葉書か電話にて下記にその旨をご連絡していただければまず本書を郵送いたします。到着後、その代金として500円(送料込)分の郵便切手をお送り下さい。
 〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木 守
             電話 0198-24-9813
 なお、本書は拙ブログ『宮澤賢治の里より』あるいは『みちのくの山野草』に所収の、
   『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
のダイジェスト版です。さらに詳しく知りたい方は拙ブログにてご覧下さい。
 また、『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』はブログ上の出版ゆえ、紙媒体のものはございません。

《鈴木 守著作既刊案内》
◇『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』(定価 500円、税込)
 ご注文の仕方は上と同様です。
 なお、こちらは『宮沢賢治イーハトーブ館』においても販売しております。

 ☆『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』                  ☆『宮澤賢治と高瀬露』(上田哲との共著)          ★『「羅須地人協会時代」検証』(電子出版)

 『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』、『宮澤賢治と高瀬露』のご注文につきましても上と同様ですが、こちらの場合はそれぞれ1,000円分(送料込)の郵便切手をお送り下さい。また、こちらも『宮沢賢治イーハトーブ館』において販売しております。
 ☆『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』        ☆『羅須地人協会の真実-賢治昭和2年の上京-』      ☆『羅須地人協会の終焉-その真実-』

 ただし、『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』は在庫がございません。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松倉山(4/16) | トップ | 胡四王山(エゾエンゴサク、4/19) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL