みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

早池峰(ウスユキソウの仲間、7/13)

2017-07-15 08:00:00 | 早池峰山
 まずはウスユキソウの仲間についてである。
《1 》(平成29年7月13日撮影)

《2 》(平成29年7月13日撮影)

《3 》(平成29年7月13日撮影)

《4 》(平成29年7月13日撮影)

《5 》(平成29年7月13日撮影)

《6 》(平成29年7月13日撮影)

《7 》(平成29年7月13日撮影)

《8 》(平成29年7月13日撮影)

《9 》(平成29年7月13日撮影)

《10 》(平成29年7月13日撮影)

《11 》(平成29年7月13日撮影)

《12 》(平成29年7月13日撮影)

《13 》(平成29年7月13日撮影)

《15 》(平成29年7月13日撮影)

《16 》(平成29年7月13日撮影)

《17 》(平成29年7月13日撮影)

《18 》(平成29年7月13日撮影)

《19 》(平成29年7月13日撮影)

《20 》(平成29年7月13日撮影)

《21 》(平成29年7月13日撮影)

《22 》(平成29年7月13日撮影)

《23 》(平成29年7月13日撮影)

《24 》(平成29年7月13日撮影)

《25 》(平成29年7月13日撮影)

《26 》(平成29年7月13日撮影)

こうして、4年振りにハヤチネウスユキソウを目の当たりにして、やはり品性があるなと私は感心しきりだった。

 ところで、浅沼利一郎氏によれば早池峰山には実は5種類のウスユキソウがあるのだという。ただし私にはその区別や同定はとても無理である。そこで以前、早池峰山のウスユキソウを私なりにグループ分けをしてみたのが〝2249 早池峰の薄雪草の仲間〟であり、お暇な時にどうぞご覧下さい。

 続きへ
前へ 
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。

 なお、ブログ『みちのくの山野草』にかつて投稿した
   ・「聖女の如き高瀬露」
   ・『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
や、現在投稿中の
   ・『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』
がその際の資料となり得ると思います。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 封印を破っての4年振り早池峰... | トップ | 賢治関連七不思議(花巻農学校... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

早池峰山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL