みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

県北のとある草原のオキナグサ(6/6)

2017-06-09 08:00:00 | 岩手県北
 自生のオキナグサは安比高原区界高原でしか今まで見たことがなかったのだが、県北のとある草原でもこの度出会えた。花はもう終わっていてもう「うずのしゅげ」状態になってはいたのだが。
《1 》(平成29年6月6日撮影)

《2 》(平成29年6月6日撮影)

《3 》(平成29年6月6日撮影)

《4 》(平成29年6月6日撮影)


 続きへ
前へ 
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。

 なお、ブログ『みちのくの山野草』にかつて投稿した
   ・「聖女の如き高瀬露」
   ・『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
や、現在投稿中の
   ・『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』
がその際の資料となり得ると思います。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県北のとある森のエビネ(6/6) | トップ | 「一九二八年の秋の日」の「下根... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL