みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

賢治関連七不思議(賢治の稲作指導、#7)

2017-08-09 10:00:00 | 賢治に関する不思議
《驥北の野》(平成29年7月17日撮影)
 水稲の適性土壌は微酸性~弱酸性(pH5.5~6.5)
 それから、賢治の稲作指導について論じておきたいことがもう一つある。それは次のようなことだ。
 今から一年ほど前、私はかつての満蒙開拓青少年義勇軍のお一人T氏(昭和2年生まれ)に会うことができて驚いたことがある。それは
 稲は酸性には耐性がある。
ということを教わったからだ。
 私はそれまで、水稲の場合酸性土壌は不適であり、少なくとも中性以上であるべきだと思い込んでいた。ところが、調べてみるとやはり確かにT氏の言う通りで、水稲にとって適正な土壌は中性ではなく、ましてアルカリ性でもなくて、弱酸性~微酸性の〝pH5.5~6.5〟である(農林水産省のHPより)という。つまり、
 水稲の場合の望ましい「耕土」は中性(pH7)以上などではなく、その最適なpHの値は〝pH5.5~6.5〟の範囲の値であること、すなわち微酸性~弱酸性のpH5.5~6.5であることの方が適しているのであり、pHの値については結構広い範囲で水稲は生育する。
ということで、私はすっかり目から鱗が落ちたのだった。

 そこで当然気になりだしたのが石灰のことである。巷間、賢治の稲作指導の中で高く評価されているものの一つとして石灰施用の推奨がある。実際、賢治の肥料設計書には「石灰岩抹」の項があり、「岩手の酸性土壌を中和させるために石灰が必要」というのがその施用の理論であったようだ。そこでだろう、賢治の指導を受けた高橋光一は、
「いまに磐になるぞ」と呆れられる程の石灰を撒いたことがあった。
            <『宮澤賢治研究』(筑摩書房、昭和)>
と追想している(常識的に「過ぎたるは及ばざるが如し」だろうと私は思うのだが)。
 一方、私は地元にいることもあって、
 賢治の言う通りにやったならば、みな稲が倒れてしまったと語っている人も少なくない。
ということも仄聞していたので今まで不思議に思っていた。そこで私は、この度稲作の場合の最適なpH値を知って、もしかすると石灰のやり過ぎがその原因の一つだったのではなかろうかとつい疑ってしまうようになってしまった。それはもちろん、石灰を撒きすぎて最適な〝pH値5.5~6.5〟を越えてしまったが故ではなかったのだろうかという疑問である。そしてまた一方の賢治は、はたしてそもそもこの適正なpHの値を当時知っていたのだろうかとか、あるいはそれぞれの水田のpH値を測った上で石灰を施用していたのだろうかという疑問も私には湧いてくるようになってしまった。

 そういえば、花巻農学校で賢治の同僚でもあった阿部繁が、
 科学とか技術とかいうものは、日進月歩で変わってきますし、宮沢さんも神様でもない人間ですから、時代と技術を超えることは出来ません。宮沢賢治の農業というのは、その肥料の設計でも、まちがいもあったし失敗もありました。人間のやることですから、完全でないのがほうんとうなのです。
             <『宮沢賢治の肖像』(森荘已池著、津軽書房)82p~>
と厳しい発言をしていた。どうやら阿部の、
    いかな賢治といえども「時代と技術を超えることは出来ません」。
という意味の冷静でしかも当たり前のこの一言を私たちは一度かみしめてみる必要がありそうだ。
 
 振り返ってみれば、以前の私はいわゆる「賢治の通説」等をそのまま素直に信じてきたので、「羅須地人協会時代」の賢治は農民のために徹宵東奔西走し、岩手の農業の発展に大いに貢献したとばかり思っていた。しかしながら、賢治といえども当然限界があったわけで、賢治の稲作指導法は金肥に対応して改良された「陸羽132号」による増産であるから貧しい農民にとってはもともと無理な方法であり、また、石灰の施用にしても適正なpH値を越えていた可能性も否定できない。つまり、阿部繁が指摘したように賢治だって「時代と技術を超えることは出来」ないことは当然である。しかも、さすがの賢治にしても日照りや冷夏という異常な自然現象をコントロールできるわけでもない。

 つまるところ、「羅須地人協会時代」の賢治の農業指導については、時に農聖や老農とも言われる彼だが、そう讃えられている秋田の石川理紀之助等の実践には遥かに及ばなかったということをそろそろ私は認めざるを得ないようだ。そして、それに近い実践が賢治によって如何ほど為されたのかということを(私の場合はそれが思ったほどは見出せなかったので)一度再検証してもらわねばならないということになりそうだ。

 続きへ
前へ 
 “『賢治関連七不思議』の目次”へ。
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。

《鈴木 守著作新刊案内》
 前に出版しました『「賢治研究」の更なる発展のために-』の残部が残り少なくなってきましたので、同書を少しスリム化した『賢治の真実と露の濡れ衣』をこの度出版しました。

 本書の購入をご希望なさる方がおられましたならば、葉書か電話にて下記にその旨をご連絡していただければまず本書を郵送いたします。到着後、その代金として440円(小冊子代300円+送料140円)分の郵便切手をお送り下さい。
     〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木 守
                 電話 0198-24-9813
 本書は、拙ブログ『宮澤賢治の里より』あるいは『みちのくの山野草』に所収の、
   『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
のダイジェスト版でもあります。さらに詳しく知りたい方は拙ブログにてご覧下さい(『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』はブログ上の出版ゆえ、紙媒体のものはございません)。

《宮澤賢治関連の鈴木 守著作既刊案内》
『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』 (定価 500円、税込み)
『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』 (定価 500円、税込み)
『宮澤賢治と高瀬露』 (定価 1000円、税込み)
『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』 (定価 1000円、税込み)
『羅須地人協会の終焉-その真実-』 (定価 240円、税込み)
 以上につきましては『宮沢賢治イーハトーブ館』にて販売しております。
『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』 (在庫なし)

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胡四王山(残り後編、8/5) | トップ | 胡四王山(ちょこっと、8/9) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

賢治に関する不思議」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL