みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

「なめとこ山の熊」(不条理を止揚)

2017-02-23 10:00:00 | 賢治作品について
《熊架》(平成27年11月1日撮影、高狸山)
 先にも少し述べたように、「なめとこ山の熊」が私の珠玉の一篇になりそうだと思うようになったのは、田下啓子氏の『拝啓宮澤賢治さま』所収の論考
    「なめとこ山の熊」――知的に昇華された魂
を読んだことが切っ掛けであった。例えばそこには、
 現実の空間では対立し矛盾する者が、命への執着をとくことによって、精神的に結ばれるのです。賢治は小十郎と熊を理想として眺めています。「土と狐」には、不条理に対する悲しみがあり、「なめとこ山の熊」では、不条理を止揚する力が働いています。
             <『拝啓宮澤賢治さま 不安の中のあなたへ』(田下啓子著、渓流社)40p~>
という解説があった。私は、この解説の見事さに唯々感心するばかりであった。そして、「「なめとこ山の熊」では、不条理を止揚する力が働いています」と言われてみれば、まだ十分に理解できずにいるものの、直感的には素直に肯うことができた。

 そこで、このキーワード〝不条理を止揚する〟を意識しながら童話「なめとこ山の熊」の続きを読み進めてみた。話は次のように展開している。
 ところがある年の夏こんなやうなをかしなことが起ったのだ。
 小十郎が谷をばちゃばちゃ渉って一つの岩にのぼったらいきなりすぐ前の木に大きな熊が猫のやうにせなかを円くしてよぢ登ってゐるのを見た。小十郎はすぐ鉄砲をつきつけた。犬はもう大悦ろこびで木の下に行って木のまはりを烈しく馳せめぐった。
 すると樹の上の熊はしばらくの間おりて小十郎に飛びかゝろうかそのまゝ射うたれてやらうか思案してゐるらしかったがいきなり両手を樹からはなしてどたりと落ちて来たのだ。小十郎は油断なく銃を構へて打つばかりにして近寄って行ったら熊は両手をあげて叫んだ。
「おまへは何がほしくておれを殺すんだ」
              <『宮沢賢治全集7』(ちくま文庫)、以下も同様>
こう改まって熊から問われた小十郎は、熊が先程まで逡巡していたことを知っているだけに心が痛んだのだろう、
 「あゝ、おれはお前の毛皮と、胆のほかにはなんにもいらない。それも町へ持って行ってひどく高く売れると云ふものではないしほんたうに気の毒だけれどもやっぱり仕方ない。けれどもお前に今ごろそんなことを云はれるともうおれなどは何か栗かしだのみでも食っていてそれで死ぬならおれも死んでもいゝやうな気がするよ。」
と申し訳なさそうに答えた。これまで、「九十になるとしよりと子供ばかりの七人家内」を養うために熊を殺し、熊の毛皮と熊胆を街の荒物屋に売って、それも安く買いたたかれながら何とかここまで糊口を凌いできたが、いくら生きて行くためとはいえ、何頭もの熊を殺めてきたことの宿業を負うことに耐えられなくなってきたのだろうか。
 そして一方の熊はといえば、
 「もう二年ばかり待って呉れ。おれも死ぬのはもうかまわないやうなもんだけれども少しし残した仕事もあるしたゞ二年だけ待ってくれ。二年目にはおれもおまへの家の前でちゃんと死んでゐてやるから。毛皮も胃袋もやってしまふから。」
と懇願したのだが、
    小十郎は変な気がしてじっと考えて立ってしまいました。
とはいうものの、死は厭わぬがしばしの猶予だけを懇願されたとなれば、己の宿業をことさら託っているであろう小十郎とすれば結論は明らか。そして熊も小十郎のそれを察し、しかも信じて、
 熊はそのひまに足うらを全体地面につけてごくゆっくりと歩き出した。小十郎はやっぱりぼんやり立ってゐた。熊はもう小十郎がいきなりうしろから鉄砲を射ったり決してしないことがよくわかってるというふうでうしろも見ないでゆっくりゆっくり歩いて行った。
ということになろうか。小十郎だって、如何に生きて行くためとはいえども、他の命、熊の命を奪ってのそれであればこの不条理には、熊から信頼されているというのに後から撃ち殺すという裏切り行為には耐えられないことは当然のこと。
 そこで田下氏の言う通りの、小十郎も熊も共に「命への執着をとくことによって、精神的に結ばれ」たというのがこの場面であり、
    うしろも見ないでゆっくりゆっくり歩いて行った。
という熊の行動も、後ろ姿を見ながら見送る小十郎の、
 そしてその広い赤黒いせなかが木の枝の間から落ちた日光にちらっと光ったとき小十郎は、う、うとせつなさうにうなって谷をわたって帰りはじめた。
という行動も、共にこの時にそれぞれが不条理を止揚できたということを意味しているのだろうと私は解釈した。

             《なめとこ山のブナ》(平成27年5月20日撮影)
 そして、
 それから丁度二年目だったがある朝小十郎があんまり風が烈しくて木もかきねも倒れたらうと思って外へ出たらひのきのかきねはいつものやうにかはりなくその下のところに始終見たことのある赤黒いものが横になってゐるのでした。丁度二年目だしあの熊がやって来るかと少し心配するやうにしてゐたときでしたから小十郎はどきっとしてしまひました。そばに寄って見ましたらちゃんとあのこの前の熊が口からいっぱいに血を吐いて倒れてゐた。
ということで、その熊は約束を守ったということになる。だから小十郎はその熊の死に方に、というよりは「生き方」に心打たれ、「小十郎は思わず拝むやうにした」のだろう。延いてはその熊から不可避な黙示を課せられたということになったと言えそうだ。

 続きへ
前へ 
 “賢治作品についてちょっと』の目次”へ。
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。

《鈴木 守著作新刊案内》
 この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』が出来いたしました。
◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』(定価 500円、税込み)

 本書の購入をご希望なさる方がおられましたならば、葉書か電話にて下記にその旨をご連絡していただければまず本書を郵送いたします。到着後、その代金として500円(送料込)分の郵便切手をお送り下さい。
 〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木 守
             電話 0198-24-9813
 なお、本書は拙ブログ『宮澤賢治の里より』あるいは『みちのくの山野草』に所収の、
   『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
のダイジェスト版です。さらに詳しく知りたい方は拙ブログにてご覧下さい。
 また、『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』はブログ上の出版ゆえ、紙媒体のものはございません。

《鈴木 守著作既刊案内》
◇『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』(定価 500円、税込)
 ご注文の仕方は上と同様です。
 なお、こちらは『宮沢賢治イーハトーブ館』においても販売しております。

 ☆『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』                  ☆『宮澤賢治と高瀬露』(上田哲との共著)          ★『「羅須地人協会時代」検証』(電子出版)

 『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』、『宮澤賢治と高瀬露』のご注文につきましても上と同様ですが、こちらの場合はそれぞれ1,000円分(送料込)の郵便切手をお送り下さい。また、こちらも『宮沢賢治イーハトーブ館』において販売しております。
 ☆『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』        ☆『羅須地人協会の真実-賢治昭和2年の上京-』      ☆『羅須地人協会の終焉-その真実-』

 ただし、『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』は在庫がございません。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胡四王山にもマンサク咲く(2/22) | トップ | 下根子桜(2/22) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL