写真と日記と

ヒトリゴト コトコト コトコトコト.......

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜のLYON

2012-07-28 07:32:07 | 日記

月がでていた。
フランスの空と日本の空は似ている。おんなじ空をしている。







ぽかんと浮かんでいる月と、青いそらと、メリーゴーランド。



夜は22時になってやっと訪れる。



悪魔の話をなにかで読んだときがある。
川の上では悪魔は魔力がなくなってしまうため、空を飛べず渡れない。
そこで人間に化けて川を渡る船に乗り込むという話だった。
今は橋があるから船には乗らないで済むだろうけど
この橋を渡っている誰かは悪魔かもしれない。
そう思って見ているとみんな怪しく思ってくる。
ただ頭をぐるぐる巻きにしている私が一番怪しいのは
間違えないのだけれど。











月はのぼる橋の上。
影はおちる水の中。
川はながれる青うつし。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LYON2

2012-07-28 07:02:47 | 日記
カップラーメン選手権をやっている。LYONにはチャイナタウンがあり
いろんなアジアの麺が手に入る。
部屋のそうじのおばさんが見つけたら、もっとフランスっぽいもの食べれば?
と思うかもしれないけれど。そういうやつにはおいしい麺を教えてあげない。

これが今のところno1。

トムヤムラーメン。ほんとにちゃんとおいしい。でも日本のと違って
ふたの部分がきれいに剥がれないのが難点。。。

さて、私のホテル「いるかホテル」は快適。


もしLYONでホテルを探すならここはおすすめ。受付で英語が通じて、
セキュリティがきちんとしている。さらにはwi-fiやポットもついてくる。
でも冷蔵庫がない。だからいつも常温のまずいソーダ―が枕もとに置いてある。

このホテルはLYONのなかでもベルクールという場所にある。
LYONは、ソーヌ川より西の丘陵地帯は旧市街、私のホテルのある中洲のような場所は商業地
ローヌ川より東は新都市となっている。
ベルクール広場から見える大きいお城に行ってみることにした。

お城にみえるこの建物はFourviere(フルヴィエール)寺院という。1872年から24年の月日をかけて
作られた比較的新しい寺院。

どーん!広角のレンズでゆがんでしまうくらいの大きさ。しろくって綺麗。

なかは修復して工事していた。新しいくせに壊れやすいのか。
















裏手から見える景色。これがお世話になっている町LYON。美しい屋根たち。



せっかくなので裏手の山から旧市街に下りてみることにした。




浮かんでいるみたいだ。




長い階段を抜けると旧市街にでる。















たまたま入ったアイスクリーム屋さんで、おばさんに署名を求められる。
偽ユニセフのようなマークと寄付金が書いてあった。困っていると
「しないほうがいい」 え?日本語?見回しても日本人らしい人はいない。
もういちど「しないほうがいい」なんとカウンターの中のベトナム人が流ちょうな日本語で
話しかけてきた。びっくり! なんでもそういう詐欺が流行っているらしい。
ベトナム人くんは フランス語、日本語、母国語のベトナム語と英語、さらには中国語が話せると
いっていた。自分の居場所を求めて世界中を転々としているらしい。
gannbatte kudasa-i。

普段たべないジェラードを買う。











震えている鳩に出会う。




このまちはこのマリオネットが有名らしい。劇は冬のクリスマスシーズンに上演するのだとか。



今日は暑かった。こっちは日本と違ってクーラーがないから、体を冷やすことができない。
熱中症を避けるため、スカーフで頭をぐるぐる巻きにしている。



これで人に近づくと警戒されているのが分かって面白い。
治安がわるいことろではいいかもしれない。

そんなわけで、ホームシックのため動きまわっている私。
熱中症になるのが先か、ホームシックから立ち直るのが先か という感じ。


あとフランス生活は1か月ある。。。。
まだ自分の納得いく写真が撮れてなくて焦る。。。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加