写真と日記と

ヒトリゴト コトコト コトコトコト.......

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランスフェス1-3(chalonシャロン)

2012-07-23 18:11:31 | 日記
昨日は夕方までフリー行動だったので1人ふらりふらり。
みんなはつかれて寝ている。。。ZZZ


そんなわけで朝食。THE おフランスな感じで一日スタート。


ソーヌ川のほとり。気持ちのいい 青緑。

日曜日なので市場をうろうろ。
ああ、こんな景色は世界不思議発見!で見て憧れてたよ。ほんとにこんな感じなんだ。



うろうろ、うろうろ 起きてから6時間くらい元気。
7時間目から時差ボケで人として使えなくなる。


最終日のフェスが始まる。こっちのお祭りは、初日が一番力が入っているらしい。
で、最終日に向けて人がいなくなるらしい。千秋楽に力を入れる日本とはちょっと違う。

ラクダ。こいつももう気合がない。

けっきょくこいつが動いている様は見れなかった。。
こういうのを日本でラクダがらくだっていうのです。

あらあら すぐお昼が来る。私の拙い英語ではまったく通じない。かといって
赤子よりもひどいフランス語では相手の頭に?が飛んでるのがしっかり分かる。
なのでジェスチャーでゴリ押すので、私の身振りは日に日に大きくたくましくなっていく。


パエリアが通じないTT イエローライス シルブプレ― って言ったらやっと分かったみたい。
目の前にパエリアの鍋があるのに。。。。 
テイクアウトも通じない。
必死にアンポルテ(持ち帰る)って伝えるけど、相手の顔には、やっぱり意味わかんないこの日本人という
表情がうかがえる。のでなされるがままにすることにした。


カメラバックが私より先にフランスかぶれ始める。治安がそんなによくないので、機材は狙われている。
そんなわけで 「フランス慣れてますよ、私 だから超警戒してるんで 」っていうのを
出すために怪しい感じにするように言われる。缶バッチやボタン&布でくるんで超怪しい感じ。
私っぽいかもね。


あ、飛行機雲。

最終日、他のプログラムは人が減っているのに、バーバラさんの演目はすごい人。




夜の演目では感動で泣いている初老のマダムがいらっしゃる。
風が吹いて、教会の鐘が鳴って、これ以上ないほどに舞台は演目と合っていた。







夜、野外のライブを見に行く。













そこで見た、バーバラさんの知り合いのアレック(ベルギー人)とジャポネーズというバンド。
Alek et Les Japonaises。
これすごい、面白い、最高。
ベルギー人のアレックが日本語でうたう。
私の眼鏡がトイレに落ちた ってよ。まぢすか。
まわりのフランス人も意味わからず日本語で歌っている。それは結構恐ろしい光景。

ほんとにこれ見てほしい

私のすきな歌はこれ くちくさい










眠くなって先にひとりで帰る。真夜中の町、落ち着く。














さてさて


フェスカップが増えた。私は集めるようなタイプでもないんだけど、家の歯磨き用のカップに
ちょうどいい。
4つ有るから四季で変えてもいいかも。

今日でシャロンは終わり。
あしたからリヨンに向かう。


今日覚えたフランス語  ダコー 
わかった、OKって意味らしい。でも向こうが何言ってるか分からないから
使える機会がない。




そして取材は続く。。

















 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加