goo

会食

賢治が封印した詩稿群(「第三集 詩稿補遺」分)
  会食

   互に呼んで鍬をやめ、
   北上岸の夏草に
   蒼たる松の影をかぶって
   簡手造氏とぼくとは座る、
   手蔵氏着くる筒袖は
   古事記風なる麻緒であって
   いまその繊維柔軟にして
   色典雅なる葱緑なるを
   ぼうぼうとして風吹けば
   人はいよいよ快適である
   僕匆惶と帽子をさぐり
   二のうら青きトマトを示し
   角なるものを手蔵氏とれば
   円なるものはわが手に残る
   さて手蔵氏はしみじみとして
   果を玩び熟視する
   それシャンデリアかゞやく下に
   人その饗を閲するならば
   さがないわざとそしらるべきも
   天光みなぎる午の草原に
   はじめて穫りたる園芸品は
   しさいに視るこそ礼にも契ふ、
   僕またこれに習って視れば
   じつにトマトの表面は
   まひるながらに緑の微光を発してゐる
   そはもしやにの類でもあって
   蛍光菌のついたるもので
   且ついま青山日ぞかげろへる
   大ぬばたまの夜にありせば
   人はこの松の下陰に
   二つの青き発光体が
   せわしく動きはたらくを
   当然目睹するでもあらう
   (烈しくはたらいたあととは云へ
   手蔵氏はげに快適自身のごとくであるが
   ぼくはまことはせなかがひどく痛いのである
   さてもトマトの内部に於て
   西条八十氏云ふごとき
   じつに玲瓏たぐひなき
   秘密の房を蔵することは
   まこと造化の妙用にして
   もしいまわれらかの川上の工兵諸氏と
   手蔵氏いさかふ際は
   ともに遁げ込むに適したること
   まさに八十氏の柚にも類ふ)
   さて手蔵氏はトマトを食み終へ
   やゝ改まりぼくに云ふ
   ひとびとは氏を蛇喰ひとして卑しんでゐる
   しかるに蛇は何故食に不適であるか
   ぼく意を迎へこれに云ふ
   なめくじ、蛙を食するものは
   第一流の紳士と呼ばれ
   蛇を摂るものはそしられる
   そのこといとゞ奇怪である
   否大紳士、たとへば大谷光瑞氏
   氏が安南の竜肉を
   推したるごとき遠きに属す
   然るにこれが門徒のたぐひ
   妄りにきみをわらふがごとき
   まことに懺悔すべきであると
   手蔵氏更に厳として云ふ
   人蛇肉を食むときは
   精気を加へ身も熱し
   じつに風邪をも引かざるなりと
   ぼく考へて答へて云ふ
   微量の毒は薬なり
   そはビタミンのAとD
   且つ蛋白質と脂肪のせいか
   手蔵氏更に和して云ふ
   それ蛇たるや外貌悪しく
   婦女子はこれを恐るゝも
   逆剥ぎて見よその肉の美や
   何等の醜汚をとゞめざるなり
   きみも食ふをよしとせん、
   ぼく雷同し更に云ふ
   まことに多謝す さりながら
   誰か鰻をはじめて食みし
   誰かなまこをはじめて食みし
   これ先覚にあらざるや
   君またいつか人人に
   先覚もって祀られなんと
   風吹き来り風吹き来れば
   手造氏やゝに身を起し
   芝居の悪玉の眼付をもって
   下流のかたをへいげいする
   ぼくいさゝかに無気味となり
   匆々に会を了へんと乞ひ
   われらはおのおの畑に帰り
   おのおのにまた鍬をとる

     <『校本宮澤賢治全集第四巻』(筑摩書房)>

《鈴木 守著作案内》
◇ この度、拙著『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』(定価 500円、税込)が出来しました。
 本書は『宮沢賢治イーハトーブ館』にて販売しております。
 あるいは、次の方法でもご購入いただけます。
 まず、葉書か電話にて下記にその旨をご連絡していただければ最初に本書を郵送いたします。到着後、その代金として500円、送料180円、計680円分の郵便切手をお送り下さい。
       〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木 守    電話 0198-24-9813
 なお、既刊『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』、『宮澤賢治と高瀬露』につきましても同様ですが、こちらの場合はそれぞれ1,000円分(送料込)の郵便切手をお送り下さい。

『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』   ☆『羅須地人協会の真実-賢治昭和2年の上京-』   ☆『羅須地人協会の終焉-その真実-』

『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』            ☆『宮澤賢治と高瀬露』(上田哲との共著)

◇ 拙ブログ〝検証「羅須地人協会時代」〟において、各書の中身そのままで掲載をしています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 保線工夫 〔まあこのそ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。