含羞む俳句

みちのく岩手に住まう年寄りです。

3392 俳句(鬼百合)

2017-08-13 08:00:00 | 俳句
自生せる鬼百合の花まさに修羅         (平成29年8月)

 私は以前から、
    後々、「平成27年9月19日は一度議会制民主主義が死んだ日だった」と歴史から裁きを受けるでしょう。
としてきた。
 そしてこの平成29年6月15日、いゆる「共謀罪法」が参院本会議で自民・公明・日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。それも「禁じ手」を使ってだ。やはり、議会制民主主義は死んでいた。
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3391 俳句(野紺菊) | トップ | 3393 俳句(稲の花) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事