やりたいことは、やり残したことだ。

興味あることを思いつくまま書いてる。

辰吉丈一郎

2016-10-13 11:21:54 | 日記

辰吉が好きな人は本当にたくさんいると思う。

彼の個性や人柄に惹かれファンになる人も多いと思う。

自分が辰吉の試合を最初にテレビで観たのは、日本バンタム級タイトルマッチに

挑戦した岡部繁戦だったと思う。

それまで辰吉はまだ3戦しかしていなかったがすでに話題になっていた。

パンチがあると評判だったので、自分はなんとなくそれまでの日本人選手の

ファイタータイプをイメージしていた。

試合を見て全く印象が違った。

まず目についたのがその体形。手がすごく長く胴が短い。そして足が細い。

頭は大きいが、すごくボクサーに向いている体形だと思った。

試合がはじまるとますます印象が変わる。

パンチがしない、離れた距離から左フックが飛ぶ。

まるでアメリカや南米の選手みたいなパンチを打つ。

凄い選手だと思った。

試合開始から優勢に進め4回KOで圧勝する。

日本人の対戦相手がいなかったのもうなずけた。

6戦目のアブラハム・トーレス戦は意外にも苦戦し引き分けるが

8戦目で世界タイトルを取る。

勝利してリングに突っ伏した姿が印象的だった。

わずか8戦でさしたる苦も無く世界に登りつめた辰吉だったが

ここから波乱万丈なボクシング人生がはじまる。

『スポーツ選手』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マービン・ハグラー対トーマ... | トップ | 辰吉丈一郎2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事