ありがとう倶楽部

新潟市の歯科医院すずきデンタルクリニックで働くメンバーが日々の思いを綴るブログです。

新之助とにゅう麺

2016-12-13 | Weblog
こんにちは。すずきデンタルクリニック、歯科衛生士の伊藤です。

同居している私の父は、 リタイアしてから、様々なアルバイトを渡り歩いていますが、今は、お歳暮シーズンで忙しい、運送会社で仕分けのアルバイトをしています。
広い二階建ての建物内を、荷台にお歳暮品をのせて行ったり来たりしていて、重い荷物をのせて歩き回るので、けっこうな重労働のようです。
その父が言うのには、今年のお歳暮品の中で一番多いのは、ダントツで「新之助」なのだそうです。そう、あの噂の米の新ブランド品! 話題性もあり、お歳暮にはもってこいなのでしょうか…?

うちの父は昔から、お中元やお歳暮は贈らないタイプの人なのですが、そんな父が、唯一40年以上、お中元やお歳暮を贈り合っている人がいます。
大学時代の親友で、卒業してから一度も会ったことがないのにお中元、お歳暮、年賀状だけはやりとりしているのです。
その友人から、今年もお歳暮が贈られてきました。
香川県の人なので、贈ってきてくれた物は「小豆島にゅう麺」。
私の古い記憶では、ずっと昔にも「小豆島にゅう麺」が贈られてきたことがありましたが、その時は、茹でて食べるタイプで、麺だけの詰め合わせでした。
でも十数年たって今年贈られてきたものは、丼に乾燥麺とフリージンクの具をあけて、お湯を注いで3分という代物。作る側の私としては、簡単でおいしくて便利!と、感激しました。
ところが父の感想は、「こんなの、カップラーメンと同じじゃないか。お歳暮にこんなもの贈ってくるなんて」と言うのです。
父の世代からしてみれば、簡単でおいしいというのは、有り難みがなくてけしからん、という感覚なのかもしれません。
…あれ?でもこれを贈ってきてくれた人は、父の同級生のはずですが…。

なにはともあれ、「小豆島にゅう麺」おいしくいただきました。
父の友人に感謝です。

今年も残すところあと半月。皆様、良い年を迎えられますよう、悔いのないよう今年を過ごしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 味噌作り その2 | トップ | 風邪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。