ありがとう倶楽部

新潟市の歯科医院すずきデンタルクリニックで働くメンバーが日々の思いを綴るブログです。

20年前

2017-06-09 | Weblog
新潟市の歯科医院 すずきデンタルクリニック の院長、鈴木政弘です。

今日はどんよりと蒸し暑く、梅雨入り間近を思わせる天気の新潟市でしたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?

遠足に運動会、スタッフからお子さんの行事の話が出るこの時期ですが、私には、ちょうど20年前、アメリカケンタッキー州で6月1日から約2年間の留学生活を始めた頃の事が一番に思い出されます。

アメリカに梅雨はないはずですが、私が行った時の6月は雨が多く梅雨のような気候でした。今でも良く覚えているのは、車の免許を取りに行った時の事です。その日も冷たい雨の降る中を家内と免許センターに出向いて、ペーパーテストを受けました。比較的簡単だと聞いていたのですが、私にとっては予想外に難しく、とても苦戦しました。家内はというと、問題が違うのか、冷静に答えている様子で、余計に焦ります。終了するとすぐに試験官の所に行って、面前で答え合わせが行われます。家内は合格です。私は×が多く、おそらく最後の一問も間違えておりそれで不合格だったのでしょうが、試験官の人が可哀想に思ってくれたのか、口頭でもう一度質問してくれ、正解を誘導してくれ、ギリギリ合格となりました。試験官の人は黒人の女性でした。助かりました。有り難かったです。

受け取った免許証の写真には非常に疲れた暗い表情の私が写っていました。やはり渡航直後でいろいろ不安で一杯の頃だったのかと思います。

今もその免許証は大事に取ってあります。
いろいろ大変な事も多かったですが、たくさんの貴重な経験をした2年間、その最初のスタートを切ったこの季節、懐かしく思い出されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏を感じる | トップ | 大きい事故とちっちゃな事故 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。