身内で長寿を祝う

2016年05月31日 07時24分52秒 | 日記

梅雨みたいな日でした。そんな時こそ「紫陽花」が本領発揮です。

業務ソフトのアイコンがクリックしても開けずメールで質問照会をそのソフト会社に送っていましたが業務日の朝早い時間にメール回答を受けました。「VisualC++2113」というプログラムが何らかの影響で正常にインストールされなくなったということでダウンロードのURLを教えていただき無事に対応できる用のとなりました。Y会計ですけど助かりました。とにかく可能となったので少しホッとしてそれで本日は満足してます。

みかんの実の膨らみが分かるようになりました。二枚目は農家さんが育てている栗の花、その後はブルーベリーです。

「オブツーサ」です。こんなになってますが植え替えても増えるばかりで躊躇いがち。

昔から見慣れた花です。

ブログで見つけた気になる図表。

口ではいろいろ福祉が大事とか述べていても社会扶助費が重きを置かれてないと言うのが現状でしょう。

この表を見ますと2000年ころから庶民の懐具合は寂しい限りになっています。豊かではないでしょう。海外援助などポーンと莫大な金額を引き続き決めてきていますが、国の借金体質や一部の特定な者以外の庶民生活を鑑みれば、それどころでは無いのではって感じますが。

さてさて母の96歳の誕生日をごくごく身近な者たちでささやかではありますが祝いました。祝うといっても飲んだり食べたりですが。とにかく長寿を祝えるだけ幸いかなって思います。今後は我が国がどうなるかというと判りませんがとにかく今は長寿を祝うことができるだけ良いのかなって思ってます。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

散歩でヘタリを感じた

2016年05月30日 06時48分40秒 | 散歩

蒸す様な、爽やかな様などっちともはっきり、すっきりしない5月も終盤の天候の日でした。

4時から散歩に出かけ、少し急いで回ろうと意識が有ったせいか逆に途中でへたばった感じ。いつもの場所でない椅子のベンチに途中で2回も休憩しました。爽やかな風が吹いているのに汗がドッと出て何か変と感じたりしながら。それでも約2時間で一万歩の散歩でした。不動産譲渡の顛末についてもお墓に手向け姉に報告も済ませました。

「紫陽花」が咲いてきてます。でも、ピークでまだです。

途中の「花菖蒲園」の開園看板には6月1日からと記載されておりましたのでそこはスルー。

この風景は気持ちが落ち着きます。カエルが鳴いています。そばによると鳴き声が消えて遠退くと直、鳴き出します。

さてさてG7サミットもさっさという感じで終わりましたが、どの様な効果があったのか正直なところ今一、マスコミ報道では掴めないでいるところです。それでブログ等を読んでみると、海外のニュースで報道されている記事が登載されていました。

ブログで見つけた気になる文章。 

 『英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は「世界経済が着実に成長する中、安倍氏が説得力のない(リーマン・ショックが起きた)2008年との比較を持ち出したのは、安倍氏の増税延期計画を意味している」と指摘した。首相はサミット初日の26日、商品価格の下落や新興国経済の低調ぶりを示す統計などを示し、自らの景気認識に根拠を持たせようとした。しかし、年明けに急落した原油価格がやや持ち直すなど、金融市場の動揺は一服している。米国は追加利上げを探る段階だ。英国のキャメロン首相は26日の討議で「危機とは言えない」と反論。FTは英政府幹部の話として「キャメロン氏は安倍氏と同じ意見ではない」と指摘した。

  英BBCは27日付のコラムで「G7での安倍氏の使命は、一段の財政出動に賛成するよう各国首脳を説得することだったが、失敗した」と断じた。そのうえで「安倍氏はG7首脳を納得させられなかった。今度は(日本の)有権者が安倍氏に賛同するか見守ろう」と結んだ。

  仏ルモンド紙は「安倍氏は『深刻なリスク』の存在を訴え、悲観主義で驚かせた」と報じた。首相が、リーマン・ショックのような事態が起こらない限り消費税増税に踏み切ると繰り返し述べてきたことを説明し、「自国経済への不安を国民に訴える手段にG7を利用した」との専門家の分析を紹介した。首相が提唱した財政出動での協調については、「メンバー国全ての同意は得られなかった」と総括した。

  米経済メディアCNBCは「増税延期計画の一環」「あまりに芝居がかっている」などとする市場関係者らのコメントを伝えた。』

如何でしょう。日本の大手マスコミ報道とは一味もと言うか視点的に異なる様です。

「百合」もこんな色があるのですね。葉の様が違えばアマリリスかと勘違いしそう。

小さなそして綺麗な「カタバミ」でしょうか。

前日行った打ち合わせ場所。「お通し」でビールを。その後は焼酎の水割りでした。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

完熟金柑

2016年05月29日 07時57分14秒 | グルメ

「梅雨」に入っているのではないのだろうけど「梅雨」近しという感じの数日です。この頃になると「梅」が実を落とすそうでそれで梅の雨とかいて「梅雨」なのでしょうねなんて思ったりして。

完熟「金柑」です。以前、いただいた完熟金柑はずっと大きくて、といっても販売してますので見栄えがズッと良いのですがこれは我が家で採れた金柑です。鳥に食さられずに残ってて、やがて落ちてしまうのですが、簡単でもいでみました。そして洗って口にしたらなんとまさに完熟金柑で甘い。野鳥もこの頃になると昆虫など他の食べ物があるので残っているのかな。

こんな天気でした。

「短毛丸」です。なんとも枯葉等に埋もれて寒い季節は乗り越えて直植えですが元気そう。

「会計ソフト」と「税務申告書作成ソフト」が開けなくなってしまった。「コンピューターにmfc120.dllがないため、プログラムを開始出来ませんでした」との表示。早速、ソフト会社にメールを出しましたが営業日ではないため回答は早くとも週明けに成りそう。予定が狂ってしまった。でも何だろう。もしかしたら先日、勝手にインストールされた「Intel Security true Key」なる物を固まってしまうのでアンインストールした事に関係あるのだろうか。だとしたら迷惑な話です。ネットやパソコンの仕組みは完全になど理解できそうもないので困る。

よって、「空気清浄機を清掃」。綺麗に手入れをするといつもそうなのですが少しの間、センサーが赤くなり続けます。それって何か変ですけどね。

読者登録しているブログの方が載せていた画像です。「焼き場に立つ少年」としてこの一枚の写真は戦争とは、原発とは等など思考せざるを得ない写真です。口元には強く噛み締めていたため血が滲んでいたそうです。WebでNHKスペシャル「解かれた封印~米軍カメラマンが見た長崎」でも見ることができます。今の日本のこんな状況ですからしっかりと見る事が大事だと思う。

野鳥ですが、剽軽でたまに電線から足を滑らして慌てて羽を広げたりしてします。でも落ちるようなことはないですけど。

「ベゴニア・センパフローレンス」の赤は強烈な色です。昨日夜は「和」落語会の打ち合わせに行きましたその画像は後日に、日程は6月28日(火曜日)に決定。ゲストは検討中。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何かを考えているのだろうか

2016年05月28日 06時43分35秒 | 学び

もう直に梅雨に入りそうですね。季節が回る感じです。

野の鳥たちは何かを考えているのだろうか。それとも生命の本能に従っって有るがままに生きているのだろうか何て思ったり。

「温州みかん」が実を膨らまし出しています。沢山の花が咲き沢山な小さな果房が付いたけど大方を散らしていくつかが残るようです。つまり、「みかん」の木は自らが実らすことが可能な数まで自らで調整しているのでしょう。

サボテン「短毛丸」が咲きました。放ったらかしでしたが咲きました。ほぼ一日花ですが。

少ない花でもあれば綺麗。

これからずっと咲いてくれそう。

ブログで見つけた気になる文章。 

『29億円で造った取材拠点を3億円かけ取り壊す▼大盤振る舞いの伊勢志摩サミット:伊勢志摩サミットの取材のために世界各国から取材陣がやって来た。彼らの取材拠点として仮設の国際メディアセンターが造られた。仮説と言っても鉄筋2階建てで、内装には三重県産のスギやヒノキを使い、「和の雰囲気」を醸し出した、と外務省は胸を張った。

 総工費は約28億8000万円。サミット終了後、直ちに取り壊すという。その費用がざっと3億円。たった2日間使うために31億8000万円もかけた。 税金の無駄遣いのような気がするが、政府はそんなことは眼中にないらしい。

 開催国である日本の「安倍首相が議長を務めるサミット」を世界にPR出来たら安いものだと考えているようだ。

 取り壊すのはもったいない。地元では、和を強調した国際メディアセンターを記念館として残し、活用したいと政府に要望したが、沖縄や洞爺湖サミットでも30億円近くかけたセンターをサミット終了後、解体しているので、前例に従うそうだ。

 ちなみに、昨年ドイツで開催したサミットでは、「80年前の体育施設」を国際メディアセンターとして活用、経費を節約したという。安倍政権は、ドイツを参考にすべきだったのではないか?』

こんなにも豊かな国なのですか、今の我が国は。この金額で生活困窮者がどれほど救われるかと考えてしまう。そして今回のサミットとやらで我が国や世界がどれだけ平和になるための成果があるのだろうかと考えてしまう。もう、既存権益にのうのうと胡座をかいている政治家達は変えていかないと駄目なのでは。福島原発事故や熊本の震災等で今現在に助けが必要な方々が沢山居られるのではないかと思うのですが。このお金の原資は勿論税金でしょうに。

最後の最後に捨てきれずに持ち帰った小さな人形たちです。で、そんな思いも私の代まででしょうけど。

今朝も雨こそ降りていませんがしっとりと湿っぽい。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

なんとなく蒸すなー

2016年05月27日 09時11分11秒 | 季節

雨は降らないし、曇りがちで風もあるのになんとなく蒸しています。

本日のカラスはかなり上空で飛んでいます。

一方「ムクドリ」は電線上で近寄ったり離れたり。

ご近所の「ジューン・ベリー」の赤く熟する実ですが、野鳥が注意深く常に狙っていて、その瞬間を捉えようと粘ったけど上手く撮影できませんでした。

「桃」が次々と実を落とし、どうやら一つだけに成りそうですが、それもどこまで育つやら。

彩りが欲しくて。

我が家に咲く「皐月」ですが地味です。

この「サポーター」で膝を庇ってます。

空き地に咲く「どくだみ」。触らなければ特段の臭みも発しないようです。何かゆったりしたい気分がまだ抜けませんのでできるだけゆったりと。

G7とか国連の機能の劣化ですかね、違う形での話し合いの場を持って何かを導こうとしているのは。何らかの組織は常に古くなり、違う形を求めて何て、それが人類の国とか集団とか民族とかが持つ業みたいなのですかね。それにしてもそこで「戦争やめた」という決断一つできないのでしょうね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「紫陽花の季節」に入った

2016年05月26日 06時58分26秒 | 平和

常備点眼している目薬がなくなったので目医者さんに。その道すがらの「紫陽花」です。種類も色も沢山の「紫陽花」。

同じ時期に咲く花。黄色が明るい。

ブログで見つけた気になる文章:中村哲氏(医師 ペシャワール会現地代表)

『戦争の実態を知らぬ指導者たちが勇ましく吠え、心ない者が排外的な憎悪を煽る。「経済成長」が信仰にまで高められ、そのためなら何でもする。武器を売り、原発を復活し、いつでも戦ができるよう準備するのだという。それが愛国的で積極的な平和だとすれば、これを羊頭狗肉という。アフガンへの軍事介入そのものが、欧米諸国による集団的自衛権の行使そのものであり、その惨憺たる結末を我々は見てきた。危機が身近に、祖国が遠くになってきた。実のない世界である。(2014年12月、アフガニスタンより)』

この文章を読んでも「私が〇〇ですから」とでも言って何の思索などしないのだろうな。と、今までのいろいろな経緯を鑑みて感じる絶望感。

『沖縄20歳女性の死は日本政府の無作為の罪だ』との主張がある。正しいと思う。70年間、2度と「無い」様にと言いながら全く変わることなく犯罪が次々と「有る」のだから。沖縄の女性は人身供養にされているのか。自身のこととして考えて視れば怒りを感じざるを得ない。

「立葵」は毎年同じ場所に咲きます。ということは根が枯れずに継続していく力を持っているということ。毎年咲いてくれます。

好きな花です。でも少し気難しい。環境さえ合えば毎年咲くのでしょうが、少しずれると咲かなくなる花。

「タックス・ヘイブン」に本気で対処すれば消費税歳入相当額を超えるのではないですか。資本主義のグローバル化とともに法を掻い潜りこんな事態にまでなっている。G7とかG20とか実効がある成果を出しているのだろうか。集まってお食事会と観光じゃあ税金の無駄使いの国際版に成ってしまうでしょうに。

母が「ショート・スティー」の日は各自それぞれ自由行動になりますが。私は家でゆっくりを選択することが多いなって感じる。そんなもんで一人晩酌。それも良いかな。

どうも明け方になると、膝と脹脛が痛む。母も膝の人工関節を手術して入れてますがそんなところも遺伝的に有るのかも。今朝もサポーターでケアしてます。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

骨休めも必要で

2016年05月25日 06時29分42秒 | 日常の暮らし

何日か続けて出かけていましたので、それにこの急な暑さで疲れて胃が重い感じ。もう、休み騙しながらの活動です。ということでなるべく静養としました。

世相は凶悪犯罪、ネット利用詐欺犯罪。国のというか国民の財産の湯水の様な勝手な使い方、海外経由の脱税絡み、政治家の地位利用の傲慢など等、考えればますます胃が重くなる感じ。その中で大リーグの「イチロー」選手の活躍がなんか心地よい。自分の年齢と比較しちゃ、まだまだ若いななんて思うけど大リーグの世界ではとんでもないベテランなのですね。 

購入しておいた「ポーチュラカ」を定植しました。これで夏の花が絶えないで済むでしょう。ミニトマトも2苗。

野鳥や鳩は元気です。人間は気持ちの有り様で多分に左右されますが、鳥たちは有りの侭に生きているのだろうなって思い。

なんとなく何もしないようにして多肉植物など眺めて。今は植え替えてまだ何日も経てないのでここは根が水を欲しがって生えるまで我慢我慢です。

昨夜、夜半に膝と脹脛が痛くて目が覚めて湿布薬が見つからなくて両膝にサポーターを巻いて対処しました。前日に歩きすぎたようです。程々が肝要かな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田町駅で降りてから

2016年05月24日 07時02分38秒 | 散歩

ご近所の「ジューン・ベリー」です。野鳥がこの実を食べに来たり運んでいったりしています。

真夏日となり、続けて暑い、汗ビッショリで歩き回った。

まずは田町駅西口を降りて「第一京浜国道」を右に向かい金融機関へ。途中の記念碑と次に向かった税務署。そうそうこの地は落語の「芝浜」の舞台となった処ですのでかなり海に近かったのです。所要を済ませて「桜田通り」沿いに歩き進みます。

「慶応義塾大学」の旧学舎です。

「紫陽花」が道々で咲き出しそう。

もう鍵等も渡しましたので部屋には行かず「メールポスト」だけ確認しました。後はもう転送してくれますのでそれも終了。

「三田」からやはり「桜田通り」を歩き「魚藍坂下」を通過して「白金高輪」へ。この辺は坂道でアップダウンしてます。かなり歩いて「白金台」の明治学院を訪問。

懐かし限り。多分45年ぶりぐらいでしょう。古くからの学舎等と新しい学舎が有り、面影は残ってますがやはり時代を経た感は有ります。

もう暑かったこと。でも、のんびり歩こことで何か気持ちがスーっとしてくる思い。母校を後に東へ向かいまたまた「第一京浜国道」に出て今度は「泉岳寺」へ。江戸の昔、品川宿に近くとても辺鄙なところだったのでしょう。お寺も多い。地形も変化に富んでます。現在はもう高級住宅的な感有り。優雅な作りのマンションが次々と建てられています。

「忠臣蔵」の「赤穂浪士」の墓があります。学生時代、4年間も品川駅から芝白金に通っていたのに一度も来てなかった。だのに観に来た。それも年齢を重ねてそんな気になったのでしょうか。元々、赤穂浪士の話は好きではないのです。語弊があるかも知れない私的解釈ですが、なんで上司たるもの部下が生活の基盤を失うのに我慢ができないのかとか、敵を取って切腹するのがなぜ本懐なのかとか、極めて個人的解釈でどうもという感じでしたので。それに、その一連の行為で結局、もっと大きな権力に結果的に上手く利用されたのではとか。まあ、いろいろな意見、考えがありますので、でも今は、もう多分来る機会がないのだろうということでとにかく始めてきました。そして歴史の舞台の一つを見学したという処です。

そこからかなり歩いて「品川駅」へ。西口ですけど外見は昔とそんない変わってない様です。でも、中に入るともう一変していてかなり大きな駅になってました。

この強い日差しの中で、1万8千歩も汗かきながら歩きました。そんなことも一つの私的思い出になるのでしょう。

話は変わって今朝のTVで伊勢志摩サミットG7で我が国は後進国のインフラ整備等に22兆円を提供するという。なんだ、そんなお金があるのだ、熊本地震で4兆円程度が必要と伝えられています。子育て・教育等国民の福祉等には予算をなるべく抑えて居るという実情。国内の庶民の暮らしはどのように彼は把握しているのだろうか。一つの事を国民が満足するにたる結果も出さずにまた次のパフォーマンスに移行するのですかと感じてしまう。もう壊される、壊されたという思いが拭えないのですが。 いつまで、どこまで、幻惑され続けているようだ。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヒャ!暑い30度超え

2016年05月23日 06時57分15秒 | 天候

朝からまずまずの良い天気でした。そしてそれが次第に温度が上がって昼頃にはもう暑い暑い。

 空家となった近所の雨戸の中に営巣しているようで、せっせと何やら運んでいます。「ムクドリ」でしょうか。最近やたら増えています。「カラス」や「尾長」、「雉鳩」あるいは「雀」等とはちゃんと棲み分けているのです。

福祉施設の監査報告を役員会でするために伺いました。裏庭の竹林。一年間というより、筍が生えて、堀取られなかった竹はほんの一ヶ月程で背丈はもう大人の竹と同じほどです。その成長力の凄さは他にはあまり無いのではと感じる。

「狸」等の剥製が置物にして有りました。少し以前は野生の狸等たくさんいたのでしょう。最近はまた増えているようですが、ただし外来種の「ハクビシン」の方が繁殖力が強そうですが。もう少し北の国では「熊」による被害が報道されています。野生動物の方が先住なのでしょうが、共生の住み分け等いろいろ検討を要するのでしょうね。

二匹の子猫が心配で探しました。少し歩き回るようで安全な場所に移してました。ほぼ3時間毎にミルクをあげているようです。ただし夜は無理とのこと。親猫は一匹だけ連れて去ったそうでもう来てないそうです。人が近づくとニャーニャー泣いて甘えています。それも生きる為の生来の知恵なのでしょう。

帰りにはホームセンターの園芸部門に寄ってきました。

ダリアが咲いていました。

「紫陽花」です。シーボルトが西洋に持ち帰り、改良して豪華になり、それをまた日本でも改良が進み、ますます見事になっています。勿論、野に咲く原生の「紫陽花」も味わい深いのですが、この豪華さはやっぱりすごいです。

もう、「パンジー」は終わりなので「ポーチュラカ」の苗を購入してきましたが、それは後日。

さてさて、沖縄県での悲惨な事件。やっぱり「日米地位協定」なるものがそりゃ変だわな。軍隊というところ、結局戦争で人を殺す事が英雄になる所ですから、人間性とは真逆な精神状態にもなる組織ですね。他人事として捉えていたら大変な事になります。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一区切りです

2016年05月22日 06時23分16秒 | 思い出

朝から「白鳩」が飛翔してました。

たぶん明日からは三田の街へ行っても気持ちが異なってくるでしょう。というのも、譲渡契約を済ませてきました。ですから、もう自分の手のうちから離れますのでベースとなる居場所が無いということで気持ちが異なってくるという思い。

埼玉高速道から首都高速と乗り継いで約1時間弱で着きました。

見慣れた景色も、もう来る機会も無くなるのでしょうから。

「スパゲッティー」がとても美味しいお店。特に私はタコのそれが好きです。このお店はお勧めです。

帰りは途中、渋滞があったものの1時間少しで戻れました。

戻ってから水道、電気の停止の連絡をそれぞれの所に入れました。

見る対象物も心の有り様で異なってくることを知る日でした。今日はのんびりお酒でも飲んで過ごしたい気持ち。なんともなんとも言い表せない気持ちです。時の経過とともにすべき事、出来ることを淡々と進めて行った感じが今はします。明後日に田町の税務署に行きますができれば芝白金のかつて通ったMGカレッジまで歩いて観て品川駅から帰ろうかなって思っています。随分とその辺りの様子も変わったのだろうなって思う。

沖縄の怒りがWeb上で伝わってきます。当然でしょう。沖縄婦女暴行殺人事件。沖縄をこんなにまで苦しめていることに、同じ同胞として申し訳なく思うとともに、一緒に怒りを感じ抗議の列に心はつながっていたいと感じてます。そして沖縄に犠牲を強いる施策を改めない今に憤りを感じ施策転換を採用するパーティーを支持します。変えなくてはそしてみんながそれを望めば変えられるのです。そしてこれだけではない。経済施策や福祉施策だってみんなが望めば変えられるのです。

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加