元気に戻って

2014年11月30日 08時03分43秒 | 日常の暮らし

11月27、28、29日の二泊三日の「長崎・対馬」旅行から戻りました。総勢八名での旅行でしたが、みんな元気に観光して食べて飲んで楽しんできました。まづは全員無事旅行を完了したということで羽田から大宮に戻り最後に大宮駅西口の「居酒屋・天狗」で終了打ち上げをして解散しました。

羽田空港、飛行機からの富士山、雲海を紹介。後は少し整理してから追々紹介していきます。

今日はこれから、社会福祉法人の会議に参加してきます。疲れたけど楽しい旅をしてきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸籍の持つ重さ

2014年11月26日 16時10分11秒 | 思い出

朝から寒くて暖房を入れないと無理。午前中一件いつものお宅に伺い資料受領と年末調整関係の話をしてきました。

背高な「皇帝ダリア」がここでも咲いていまして、寒くなると咲き出すイメージです。

いわゆる「菜の花」だと思いますが、今頃でも咲くのですね。

さて、私たちの業務として相続税関係がありますが、その作成過程で個人史の一端を垣間見ることが有ります。もちろん、個人情報に関わることですから当然に守秘義務がありますのでそこは注意して記載します。相続人を確定するため、相続人の戸籍から遡り被相続人の概ね15歳位までが必要とされます。

『年月日戦死年月日聯隊区司令官受付年月日送付』との記載があり一旦戸籍抹消され。続いて『報告錯誤に付年月日取消通知に因り年月日記載抹消』そして戸籍の後方に復活入籍となっている戸籍を拝見いたしました。属する部隊は砲火を受け全滅。因って戦死とみなされ、ただただ偶然が重なって生存できたという。戦争がこのような運命としてしか語る以外にない事態を起こさせたのでしょう。この方の人生の重みを思わずには居られませんでした。何があったのかは記しませんが、生き残ったことは良かったことなのに何か後ろめたいような切なさと、亡くなった仲間に対する申し訳なさを持ち続けていたようで、結局、亡くなるまで軍人恩給(昭和21年に傷病恩給を除き廃止。昭和28年に復活)の受給請求を為さらなかったようです。戦争が人の心に残す色々な傷は生涯消すことができないのでしょう。家族にも戦争中のことは時系列的に話すことはなかったようです。二度と戦争はしないのだと誓っても言葉だけではまたぞろ繰り返してきた人類史でしょうから、本当に心して危うきは事前に対処して、絶対に繰り返しては駄目です。

「エンジェル・トランペット」でしょうか。雨の日は一層下向きに。

「菊」も「山茶花」も冷たい雨に耐えながら。

喪中はがきがたくさん届いてきています。今年もそれぞれにそれぞれの暮らしが締め括られようとしているのですね。年末に近づいたことを感じます。

「長崎・対馬」旅行に行ってきます。天気が良ければラッキーと感じながら。今旅行は歴史を辿れる処も多々あるのでしっかりと見て来たい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の寒い日

2014年11月26日 05時46分34秒 | 学び

前日とは一変して朝から雨で寒い一日。となると身をかがめて行動も鈍りがちになります。取り急ぎにすべきことが至急でまいなら先送りになんて気分に。

こんな天気です。

一枚目は「金柑」で、いい色になった実もあれば同じ木でまだ緑色で小さいのとまちまち。二枚目は「みかん」で、そろそろ木から外さないと来年の鑑賞が出来にくくなるかのが心配。どちらも食してもあまり感心できる味ではないようで。

こんな日は画像に事欠きまして「エケベリア」でごまかしているような。

衆議院解散総選挙に関する話題がたくさん報道されています。「消費税」についてですが、景気条項により景気回復率が達成しませんでしたので規定に基づき10%導入が延期になりましたが、消費税そのものについて語った記事を見つけました。『日刊ゲンダイ』の記事です。

『富岡幸雄氏 「消費税は不義の子、廃止に」。消費税は人間が生きていることにかかる税金です。人は生存するためにパンを買う。ものを買わなければ生きていけない。消費税はそこにかかってくる。100円のパンを買わなければ、生きていけないのに、108円かかる。この8円ってなんですか?  

――払えない人間は生きていけない。死ねっていうような税金ですね?  そうです。逃れられない税金です。それも貧しい人ほど、負担率が割高になる。税というものには、応分負担の原則がある。強い人、体力がある人が大きい荷物を持つ。そうでない人は軽い荷物にしてもらう。もっと体力がない人は持たなくてもいい。困っている人の荷物は持ってあげる。それが社会の仕組みであり、税の基本です。それを消費税は踏みにじってしまう。だから、25年前に消費税が導入される時も、私は体を張って反対した。・・・・』そして、消費税導入による税収額と法人税減税の額が対をなしているという。だから社会保障関係費に回っていかないという。

どう思われるでしょうか。詳細は記事をお読み頂ければ。

色付きだした「万両」も雨に濡れて。

本日は早起きしました。というのも明日から「長崎・対馬」旅行。飛行機フライトの時間に間に合わせるには5:50分に大宮駅に集合です。よって、早起きして体内時計の調整。眠い、でも明日遅れないために。そして今日も雨ですがどうやら明日は上がる予報です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は旅行を断念した旅行会の集まりへ

2014年11月25日 10時12分15秒 | 飲み会

何年も中国旅行をしたけどこのような状況ではいけないということで旅行を断念している旅行会の集まりへ行ってきました。

雨でなければ大方歩いて集合場所まで行くように心がけています。「さいたま新都心」を「見沼田んぼ」越しに見ながら。

スニーカーを履いていったものですからいつもより5分ほど早く着きまして一番に到着。

飲み会でもあり。情報交換の場でも有ります。前節に負けた落ない神話を持つ「大宮アルディージャ」はもう難しいな、降格ですかね。そうすると再び上がってくるのはすごーく大変だろうな。とか、円安・物価高、負担増の今の政権党は票を減らすよね。とか、あと何年こうして飲み会ができるのか、できる内にしておかないとね。とか。

足が痛くて医者行ってきたとか。今度何処其処の検査だとか。話題はてんでんばらばらですが楽しく時間が過ぎて行きます。

本日の椿です。

万両も大分と色付きました。

空の変化は見飽きない。で、本日は朝から雨で曇り一色で変化に乏しく残念。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勤労感謝の日でしたね

2014年11月24日 07時04分48秒 | 落語を楽しむ

勤労感謝の日ですが、もうもっぱら労働に勤しむ年代を超えてきたような体力の減退すら感じる今ですが地元では「長寿を祝う会」が行なわれました。私はまだそこに呼ばれるまでの年齢には至らないのですがプログラムに地元在住落語家の「落語」の演目があり顔出しだけしてきました。

「荒獅子」と「サワダス・ドリーム」です。

演目は「目薬」から入って「粗忽の釘」へ。両方とも何度も高座にかけている話だったと思います。なかなか、入ってすぐに聴衆を把握するのは難しいとは思います。すごーく落語を知っている方もいれば、あまり興味がない方もいるのですから。でも、そこは職業として演じるのですから、入場と共に一瞬で惹きつけ探りの部分でここにいる客は何を求めているのか把握し、噺始めれば次の言葉に期待を持たせ笑らせたり意図する状況に持っていかなくてはなりません。そうなるためには一層の練習を重ねて行く以外にはないのでしょうね。その中からなにか自身で掴んでいくのでしょうから。素人的感想ではもう少し声の力を抜いて、余裕というか所謂、間を掴んで行くといいのではなんて気がしましたが。

ここの自治会館は「大銀杏」が市の指定樹木になっていますが、今年はまだ紅葉が進んでいません。

終わってから近くの中華料理店で「ハイボール」をのみながら食事。道すがらの「山茶花」が綺麗でした。落語家は表の笑いの裏に孤独な努力を重ねることが大切なんでしょうね「小笑」さん。

いい天気でヘリコプターをカメラが捕らえました。

「ブルーベリー」が紅葉してました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いっしん虎徹

2014年11月23日 07時00分43秒 | 読書

本日は読書の日になりました。そりゃ、昨日の飲酒が少し過ぎまして体調も絶好調ではないし、そうなると思考の方も劣しているでしょうから止むを得ないというところもありますが。

山本兼一著「いっしん虎徹」をかなり読みすすめました。新選組の組長「近藤勇」が惚れ込んだという刀「虎徹」の作者「長曽祢興里入道虎徹」の物語。最初から刀打ちではなかった「長曽祢興里」が誰よりも優れた刀を作出するため一徹に打ち込んでいる姿が描かれています。今の時代はもう刀が実用的ではほぼないのですがかって、武士の魂などと言われていた、でもこの言葉はなにか好きになれませんが、刀ですからそこには過去になってしまったとしてもその創作者の生き様をたどることは読む側にとっては訴えてくるものがあります。

いわば物騒なものを扱った物語のあとは植物で心を癒して。 

一枚目はこっそり咲いていた椿「サワダス・ドリーム」です。ただし、この椿、咲き方が一定しないので今咲きだした「サワダス・ドリーム」はこんな感じですというしか無いですが。「荒獅子」、「西王母」です。

少し暖かかったのでバラも微笑んで。

エケベリア「黒玉子」の花。咲き出してからも長いこと咲いています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事して酔っ払って

2014年11月22日 10時41分28秒 | 少し活動

いい天気でした。そしていい一日でした。

午前中は少し勉強して、午後からは大宮駅西口で仕事打合せして、15時からで、でも打ち合わせは30分ですぐに西口「力」でお酒を入れての懇談。焼酎「明るい農村」だったか二人で一本開けてしまい大酔っ払いでした。ボトルキープ中。忘れないようにしないと。

できるだけ歩いてい行きます。飲むことが分かっているので尚更歩くことにしてます。でも以前だったら45分で付いたのに最近は20%増量で1時間近くかかりますが。一歩々々確かめるように歩くことを心がけています。昨日は約1万歩。

18時からは「対馬・長崎」旅行会の最終打ち合わせ会。

いつものメンバーです。ここではビール、ワインが主に飲んで打ち合わせはものの5分で終了。4枚目の方は同室の「清さん」です。

この日程を渡されてほぼ打ち合わせ終了。

そのあと「春日」で日本酒をぬる燗で飲んで後はおぼろげで帰宅。

よって、本日寝坊となった次第です。

椿を見てのんびりと。今日も穏やかないい天気。ただ、二日酔い気味。

でもなー、飲み屋さんにいる客って我々と同じ年齢の年寄りが多いなー。若い人は将来を考えてなるべく散財しないように心掛けているのかも。で、我が年代も年金減額等で使えるお金が減ってきてるし、中小零細お店も経営が益々大変になってきている。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は午後から雨で

2014年11月21日 08時52分23秒 | 鑑賞

朝のうちは陽も射してしましたが午後からは降り出してしまい、そうなると秋雨の日は肌寒い。

ブログに貼り付ける絵もなく結局椿「西王母」と

「荒獅子」になってしまった。各地の見事な紅葉をブログ等で見られますがここいら辺では今年は未だ鑑賞できないでいます。「万両」の色付きも進行途中で中途半端だし「南天」だってもっと濃くなるはずです。

話は変わって、相続があると遺産分割協議書の作成が必要になりますが、我々は本来業務ではないため、作成は本人や司法書士さんにお願いすることになりますが、定まった書式があるわけではないので本人が作成するのなら参考書などからマニュアルを提示することはできます。ただ、そうそう作成するわけではないのでそれに登記関係を考えるとそれはそれで当事者にとっては面倒なんだろうなと感じるところです。

衆議院が解散し総選挙になるそうです。が、なんの大義があっての解散なのか解らない処です。現在の政策への信を問うということなのだろうか。とすると疎かにできないような。2%の物価上昇を目指し、円安、株高で進んでいますが、サラリーマン等の給与上昇は全体に及んでいないし、年金受給者は受給額が減額しているし、社会保障費は負担増で、消費税等の増税で、実質の可処分所得は減額になっています。医療費の負担増も感じますし。国民の信を問うということなら、選択をしっかりしなければならなくなります。選挙は国民の望むところが反映されなくてはなりませんが、小選挙区制はどうしてもいわゆる死票が多くなるところで、ただ、そうは言っても現行制度も法律で定められてきたところですから、まづは選挙に行って自身で正しいと思うところを選択しなくてはですね。投票率が低ければ低いほど民意の反映が薄くなるのでしょうから。将来への持続可能な社会保障などと施策で言われてしばらく経ちますが、コロコロ変わっているような気がするなー。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の日

2014年11月20日 07時24分11秒 | 読書

秋は寒暖の変化が頻繁で、着るもので調整したり、寝る時も明け方寒くないかなど少し考えながら体調調整が必要な感じ。2日前に上野の山の散策で携帯に付いている健康ツールの万歩計で2万1千歩以上歩いたせいか、膝と腰が疲れているようで重い。

 「西王母」がより綺麗に感じられる日でした。

「荒獅子」もゆったりと咲き出しています。

「ミカン」は主に観賞用ですが、これとていつまでも実らしたままでよいのか。来年も鑑賞する楽しみを考えるといい加減の処で収穫した方が良いのだろうと思うけど、何か豊穣感が失うのは勿体無くって。

明け方の月。日々変化する月の形です。

姉がほぼ4か月ぶりに退院できました。まずはホッとしています。そりゃ、まだまだ通院したり今後のケアがいろいろ有るでしょうが、とにかく退院はめでたく良かった。

電話連絡でS先生も白内障の手術が無事終了したとの事。それもこれも良い話は聞くだけでも嬉しい事です。

、「山茶花」はこの季節を代表する花かも。儚げではあるけど清楚感がいいです。

「皇帝ダリア」が其処彼処に見られます。最初、見たときはすごいなって思ったっけ。結構、普及してます。ということは育てやすく逞しいのかも。

今回、借りてきた小説です。「山本兼一」作品は「利休にたずねよ」を映画で見て、それで小説読んで、どんどん好きになってきています。

ここにも美が見いだせます。派手派手な美しさもそれなりにいいし、侘び寂びも風土に育まれ気持ちの琴線に触れて来るものが有ります。


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

続‐上野のお山

2014年11月19日 07時38分40秒 | 鑑賞

ここに来て、やはり朝晩がめっきりと吹く風に冷たさを感じるように成りました。これでこのあたりの木々の紅葉もづっと進むものと思われます。

朝の月です。今、流星群が夜半に見られるそうですが夜が寒くて見られないでいます。

前日の続きです。

彰義隊の碑です。時代の変換期にそれぞれの立場で考え行動し敗れて行った方々、それぞれの色々な立ち位置が有り、思いが在った事と思います。

その南側に西郷さんの銅像が置かれています。何とも歴史を考えるとこの碑がここに置かれていることの事由など複雑な思いが浮かびます。

時間的余裕が有ったのでお山を下って「不忍の池」に降りてみました。

ここのも色々な碑が置かれていますので興味深いです。池の「鯉」と「水鳥」。

「ボケ」の花が咲いていました。

「薔薇」も、寒さで、もう限界かな。

NAKA先生よりメールを頂きました。研修を受けて居たそうです。で、本日の驚きの出来事として「高倉健」さんが亡くなられた事を挙げていました。俳優「高倉健」さんが演じる男は寡黙で愚直で遠回りしても誠実に生きる男で言い訳をして他人に迷惑をかけない媚びない男でした。今、それが世相では表ずらが良く「健さん」演ずる男の真逆の人が表通りを闊歩していることに対する深層での不満が「健さん」に対する憧れにも似た評価と成っているのかも。ともかく、『八甲田山』、『鉄道員(ぽっぽや)』や 『幸せの黄色いハンカ』」にしても良い映画でした。合掌。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加