受け付けて会話して

2017年02月09日 06時57分03秒 | 勉強

前日、晩酌で飲んだお酒。「花陽浴」は埼玉のお酒で「豊盃」は青森のお酒です。どちらもこってり且つフルーティーで美味しいお酒でした。「豊盃」は頂き物ですが御尊母様が亡くなられたとの報を知りました。ご冥福をお祈りして頂きました。

受付会場で午前中E-taxでの申告受付を行いました。受け持ちが一人3件でしたので余裕をもって会話しながら交流しながら受付ができました。

比較的困難な事例はない会場でした。写真は会の若手に属すると言って良いのでしょうが張り切って頑張っている好人物のS先生です。本人の同意をとって掲載してます。受付方を見てますと相手の立場でわかり易く説明してました。

パソコン入力で申告受付しますのでどうしても時間がかかります。以前のように手書きの方が早いとは思いますがこれも時代の流れでしょうし、将来は全ての方がパソコンで自主・自己申告する時代を展望しているのかなとも感じたり、そいうすると「源泉徴収制度」などなくしてすべて自己申告でということも可能になるかも。そしてそうなると税金に対する関心も高まり納税者としての国政等のあり方に強い興味を持つようになるかもなんて考えながら。

今年の申告からマイナンバーを扱いますので、個人情報を知り得る立場となりますので「本人同意書」も頂いてからの申告受付です。これからすべてそういう方向性になるのですかね。何か助け合うというか信頼しあってというか、そういう日本の風習とは異なるようで何か寂しさも。

そうそう、ある方と会話を通じて申告書作成を進めて行きましたが、年金と医療費控除の申告で還付申告になるのですが、奥様がこられました。初めてお話をする方ですがそこはお互い気分良くと言う処で業務上以外でもいろいろ会話をします。私にも年老いた母がいるのですねとの会話から、話が進んで、ご主人が認知が進んで世話する奥様の事もわからない時が多くなった。本当は福祉施設に入れたほうが良いのかなとも思うのですが、そうするとその費用等で自分たちの生活も成り立たなくなってしまいますし、しかも、年金はどんどん減額されていて、もう、私もそんなに長く生きていても云々・・・といった会話に至ってしまいました。何とも自分よりも年配者との会話でそう言う話になってしまった事に申し訳なく、何かが間違っているのだよなと感ぜざるを得なかったです。でも、申告終わってから気をつけて帰ってくださいねと伝えますとにっこり笑って頂き、ほっとしたところです。

だいぶ復活したエケベリア「黒玉子」です。

戻ってから床屋さんに行きました。もう馴染みのお店ですが、店舗前の道路にひび割れが二本入っていて車が勢いよく通過すると揺れが激しいのだけどどこに連絡したらよいのだろうかという話から、なんかなー、何か良くなってないよなーと言う話になり、海外では気前よく何兆円もの援助しているけど、国の借金は増えているし、我々はあと何十年も生きてないだろうけど孫たちの時代はどうなっちゃうの。海外援助よりも国内対策じゃないの云々・・・という話になっていった。そうだよなーって言う思いと「この道しか無い」って言う方がいますけど、そうじゃ無いよなって感じ。

椿も咲きだした種類ととこれからの種類が。

「パンジー」も水分が欲しいって思っているのでは。

今朝は屋根にうっすら雪、でも今は小雨。もう雪は降らなさうだけどもう少し雨は欲しいところです。

今日も8時には家を出て福祉関係の集まりに午前中出て、午後は一件申告関係で書類確認です。なんか余裕ないなー

 

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乾燥しきった関東に空っ風が | トップ | 小雪混じりの冷たい小雨 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tempo1078)
2017-02-09 15:13:16
お言葉の通り、
源泉徴収なんて制度は
やがて無くなっていくかも。

また、
無くした方がいいかも。

申告することにより
税に関しての知識も関心も
高まり、納税者としての意識も
国民として政治への関心も
高まるかも。

源泉徴収が無関心の根源なんでは
ないかな??

コメントを投稿

勉強」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。