疲れが抜けない日はボーッと

2017年12月14日 06時43分54秒 | 休息

やっぱり体力はそれなりに衰えています。一晩寝ればバッチリ回復なんてもう何年も実感してないし、かつての忙しさに追われる生活でももう無いし、それは嫌だし。

居住地は午前中快晴でした。だんだん雲が出てきたけど乾燥してます。空気清浄機の加湿のポリタンクの水がすぐ追加が必要になります。

出かけないと画像が無い。

「ミセバヤ」の紅葉というのだろうか。霜焼けた感じですが。

気になるブログ等から:立川談四楼師匠のツゥイートから抜粋紹介です

12月11日:トランプが何をトチ狂ったかイスラエルのエルサレムを首都にすると言い放った。アラブ諸国はもちろん、EU各国も早々に反対を表明し、中ロさえ懸念を示したが、安倍総理も菅官房長官もニヤニヤして要領を得ない。なぜガツンと言わない。それが真のパートナーではないのか。あ、ごめん、属国だったね。

12月10日:低所得者の暮らしが厳しいから生活保護費を削る? どうしてそっちへ行くかね。低所得者の暮らしをよくするという発想はないのかね。オリンピックを返上すれば一気に片が付くよ。アメリカからの兵器購入をちょっと控えれば、いや、安倍さんが世界にばら撒くカネを少し回せばみんなが幸せになれるんだ。

12月9日:ちょいと待った、緑のたぬきの小池さん。「都が“差別を認めない”五輪・パラ憲章条例制定」って何それ? 排除を口にしたあなたがそれを言うかね。関東大震災の折の北朝鮮人犠牲者に追悼文を出さなかったあなた、つまり虐殺を認めなかったあなたを、我々が忘れたとでも思うかね。よくもまあシレッと。

12月9日:自民二階幹事長の古狸度がマックスだ。「今国会は質問時間が是正されたということもあり、論戦を通じて国民からいただいた負託にしっかり応えることができたのではないか」だってさ。森友問題に国民の8割が納得してないのによく言うよとツッコみたいが、何を言われても蛙の面に水のツワモノなんだな。

12月8日:山本太郎さんの手法もいいよね。こう攻めたんだ。「籠池夫妻に逃亡の恐れはありません。100万円を返そうと総理の近くに現れたぐらいです。ですから、逃亡の恐れがあるのではなく総理の前に度々現れる恐れがあるの間違いではないでしょうか」そうやって笑わせ、敵が油断したところに斬り込んだんだ。

如何でしょう。切り口が鋭いです。

身近に咲いている花です。

さあさあ、今日は午前中いっぱいは福祉関係の月例会議で、午後には租税教室の資料を受領に事務局に行かないと。朝はとっても寒い。6時前に夜空を見上げたが月と金星が並んで輝いていた。流星群は見られないかと少し待ったけど、以前見た流星群が頭の中で勝手に見えたように錯覚を創ってしまうようで見えたぞみたいに感じてしまった。でも、多分違うなー。

 

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研修を受けて、夜は | トップ | 冷たい風の一日でした »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-12-14 17:30:43
若い時には
仕事の疲れは快感でした。
不眠不休で働いて、充実感でいっぱいでした。

65歳になり、
仕事の疲れは苦痛です。

翌日に定時に出勤することを
思うと、憂鬱になります。
やはり体力は (A.S(たわごと的オピニオンの))
2017-12-15 07:28:52
齢を重ねるとやはり体力は劣化しますよね。気持ちだけでは体がついていかないし、筋力が日々柔軟でなくなるようです。でも、日本では世代交代も先細りの状況を創っているようで駄目ですね。

コメントを投稿

休息」カテゴリの最新記事