大晦日になった。年内に行っておくべきことは

2016年12月31日 15時26分53秒 | 雑文

大晦日になった。朝の目立つ星。

残り僅かになって来たけど、年内にやっておくべきことは、なんて考えて、結果、結構のんびりかな。

昨日はこんなに良い天気でした。今日もきっと晴れるだろう。

一回り大きな鉢に植え替えた「ベゴニア」。このひと鉢だけでも周囲が明るく和む感じ。

明日は新年正月です。

気になるブログ記事。凄いな、この発言という事で。

読者登録している『異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!』さんブログより10大〇〇発言として

1、「そもそもですね、我が党において、いままで結党以来ですね、強行採決をしようと考えたことはないわけであります」(10月17日、衆院TPP特別委員会)

2、「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから」(4月7日、衆院TPP特別委員会)

3、「世界経済はリーマンショック前に似ている」(5月27日、伊勢志摩サミット)

4、「「株価下落により、年金積立金に5兆円の損失が発生しており、年金額が減る」といった、選挙目当てのデマが流されています。しかし、年金額が減るなどということは、ありえません」(6月27日、Facebook)

この他、後6つあるのですが気になる方は是非、当該ブログをご訪問くだされればとの思いです。4、だけ思考しても、年金減額法案が通過したのですけどね。そして、強行採決は幾つしたかを考えると「言葉裏腹」でしょうに。

「金柑」が色付いています。ただ、まだ野鳥がそんなについばみに来ているということではないので甘さは無いのかも。この世を生き抜くためには色々あるのでしょうが、人としてとにかく誠実に有りたいと思う年の暮れです。そして来る年もそれは同じです。

淡い「パンジー」も寒さに当たっても健気に咲いています。

そうそう、来年早々に提出する「法定資料合計表」作成の目処だけは昨日パソコン内で終わらせました。でももう、師走も押し迫ってまして、今日はゆっくりって脳内ではそちらに向かっています。だけどクリーニングに出したワイシャツも受け取って、もう少しお酒等嗜好品も購入してなんて考えています。

ブログは通常、前日に下書きしてますが、今日と明日ぐらいはせめてリアルタイムでなんて思いが。

忙しい方も居りますので、拙いブログに訪問頂いた方に御礼申し上げます。どうぞ良い新年をお迎え下さいませ。変わっていく世の中です。「福祉社会」とは誰もが普通の暮らしが出来る社会と教えていただきました。そんな国であってほしいです。

夕方近くになって近くの酒の安売り店に顔出しして少し購入。もうこれで揃った感じ。

正月に最初に飲むのは「日本酒」となってきたような。どれも美味しいです。

「焼酎」と「ウイスキー」。最近の晩酌は蒸留酒を炭酸で割ることが多くなってきた感じ。

「ワイン」は高価なのは購入してませんが開けるとボトルは飲みきってしまう。だから割高かな。それにビールも飲むでしょう。最近、ライム水がお店にないことが多く、好きなジンライムはあまり飲んでしません。齢を重ねた近年は正月はもっぱら「飲み正月」の様な感じ。でも飲めるだけまだまだ大丈夫かな。

 

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もあと二日 | トップ | 2017年元旦 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tempo1078)
2016-12-31 15:52:44
安倍さんの発言は
その場しのぎで、
発言に一貫性はなく、
その発言に対する責任も
負わないということになりますかな。

いずれ、
そんな安倍さんでも
髙い支持率を維持しているので
日本国民は、諦めているのか、
達観しているのか、どちらかなんでしょう。


かつての民主党政権よりは
まだマシと考える国民が過半数を
大きく超えているのでしょう。

元来、
日本人の多くは保守的で
変化を好みませんから。

今朝の盛岡は雪でしたが
日中は比較的暖かくて
平地の雪は消えました。

穏やかな元日を迎えられそうです。
保守 (A.S(たわごと的オピニオンの))
2017-01-01 13:34:04
(tempo1078)様
今の政治は保守ではないと感じています。なぜなら、築きあげてきた民主主義が否定されているからです。変えるなら良い方に変えないとですね。
本日快晴の新年を迎えています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。