花陽浴(はなあび)を購入に

2016年11月27日 07時30分11秒 | お酒

陽を受けた紅葉は綺麗。

母の「ディ・ケアー」の時間の合間を見て、つまり9時半から15時半迄の間に羽生市内の酒蔵「南陽酒造」さんへ行ってきた。

酒蔵としては小さいのですが、それにそこには出来たての酒等が少し置いてあるだけのようです。でも、以前ですけど埼玉の酒の新種品評会があって確か「そごうデパート」か新都心の「スーパーアリーナ」会場だったかで、飲み比べをしましたが美味しかった。人だかりも多くて人気が高かったと記憶しています。私的にはこのお酒はうんと冷やして飲むとその本来の味わいが出ると感じています。

帰りの昼食で「新そば」を食して。加須市・羽生市等この近辺は蕎麦やうどんの隠れた美味処だと思っています。蕎麦はコシが強めで肉汁は甘すぎず結構な味でした。汁ものに乗る天ぷらはつけ過ぎないうちにサクサクの状態で食べる方が好みです。

銀杏が散り出していました。銀杏の木というのは観察してみるに散り出すと一気に葉を落とすようです。そしてその葉は踏むと結構滑りますので注意が必要。

なんか問題だらけの社会状況のような。マスコミの使命として時の権力への警鐘等があると思うのですが昨今は権力にすりすりしている業者も容易く見受けられて、そういうのって歴史を通じてみると決して良いことが無かった様な。

「年金抑制法案」が強行採決、可決されました。確か2004年に「年金100年安心プラン」なんて言っていたのに、それから何年たったというのだろうか。つまり、今の暮らしを持続するなら僅かながらでも蓄えがある者は悉く吐き出しなさいということかな。そして無くなったら暮らしを生活可能ギリギリ迄持って行きなさいという事ですか。このようにしてもまだまだ大丈夫だし、しぶといぞって思っているのだろうか、大人しいものですから。最後にはですよね破綻が増えそうだけど。尤も「生活保護制度」は国民の暮らしを守る砦の制度ですけど、そこにですら何やこれや言い放って。そう言うのって「生きるな」っていう事に成るのですよね。ああ〜、こんなふうに考えてしまうと怒りがこみ上げてきそう。経済再建政策はどこへいったのだか。

晴れから曇りになって来た。夜は雨かな。

キューバのカストロ氏が90歳でなくなったとの報道が有りました。激動の人生を送った方だと思う。いろいろな評価がその立ち位置によって成されていますが。もともとは富豪に生まれながら社会の矛盾に気がつき、我慢ができず「公平で平等な社会」を求め戦った方だと思う。革命に反対する世界情勢の中で手を差し伸べてくれたのが社会主義国であったのでそこに傾向していったのだ思う。その後の世界の動きは紆余曲折しながらグローバル化とかになっていくのだけど、現在はこのグローバル化が再度検討されるべき事になっているような。それはグローバル化の中での市場経済原理での競争社会がより富の偏在を形成しているからなのでは。例えば「タックス・ヘイブン」などの利用により富の再分散を回避して抱き込んでしまうなど。だからこそ「公平で平等な社会」を求めた氏の志は輝きを失わないのだろうと。

ここで思い出すことは革命後の国づくりでキューバの工業省だかなんだか(注:キューバ国立銀行の総裁のようです)記憶は定かでないですが閣僚になった「チェ・ゲバラ」が日本を訪れ三菱重工だかこれも定かでありませんが視察した事があったと思う。やがて「ゲバラ」は己の思うところによってキューバを離れ、キューバの友好国を作るべき目的もあったのだと考えますがゲリラ活動を行いボリビア山中で捕まり射殺された事を。 

今朝は雨上がりの様相。一日中こんな曇り空かも。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の後 | トップ | 曇り勝ちの日にて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2016-11-27 07:56:14
そちらの
お蕎麦も美味しいのですね。

蕎麦には
ルチンが含まれるので
我々、高齢者の健康維持には
いいですよ。

年金制度、
どう弄繰り回しても
将来は破綻するでしょうね。
国民年金納付率は65%くらいだそうじゃあ
ないでしょうか。
つまり、国民年金に該当する人の
3人に1人は未納!!!

これじゃあ、
制度が成り立つはずがない。
明らかに変です。

生活保護制度も
少々、変。

ワタクシは
生活保護を受けながら
外車を乗り回す人を知っていますよ。

審査が緩い、
もしくは、なんらかの不正があると
思っています。

彼らは医療費もタダ。
高額医療も自腹を切ることがないので
やたら、病院通いしています。

そして、
彼らに便乗、結託して医療費を
かすめ取る不埒な医療機関があるのも
事実。

世の中、
腐っていますよ。
では (A.S(たわごと的オピニオンの))
2016-11-27 11:18:17
(tempo1078)様
では、諦めるしかないですか。

国民年金は納めたくとも生活費でいっぱいでという方増えている事も存じてます。

生保の不正時給の件もマスコミ等で存じてますが圧倒的多数の方は生活できなくて受給していると認識しています。また直接携わっている市町村の担当者も一人で80件以上の受け持ち件数があり人手不足で苦慮している状況も理解してます。ここにも公務労働者の定数削減が影を落としています。
そしてそんな現状を現役世代に受け継いだ自分達の世代の責も無いとは云えないのではとの思いも感じています。

コメントを投稿

お酒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。