若くないのにフル活動

2017年05月12日 09時44分22秒 | 福祉

夏日が戻ってというか復活してしまって体がやっとこついて行っている感じすら。

緑が濃くなってきました。もう少しゆっくりなのが本来良いのだろうけどこう暑くなるのが早くては植物も必死に頑張っているのかな

空き地にどんどん蔓延る外来植物。この植物、頑強にて近くの植物を枯らすそうです。

午前中は福祉関係の月例会。ただ、時間がかかりますので最後に40分ほどは早引きでした。戻り急いでコンビニの「鱈子スパゲッティー」を腹に入れて直ぐに車で福祉施設へ。いよいよ決算準備ですが、会計ソフトがかなりスグレモノのようです。ただし使いこなすのが大変。資産にかかる減価償却についても国庫補助金への対応も絡めてソフト上で可能なのです。

いつも高齢者等が過ごしやすい環境作りを努めてます。

北裏側の竹林から侵入してきた「筍」。ちょっとトウが立ってますが。

注文してあった今年の母の日の花が届きました。「紫陽花」です。紫陽花の改良進化がまだまだ進んでいるようで、この花鉢ひとつでかなり豪華。外形から見てアマベルの白から色つけた改良種でしょうか。父に日は確か「ブルーベリー」の実付き鉢植えを頼んだかな。

急いで戻り18時には東京駅丸の内口を出て近くの居酒屋へ。約50年前の高校時代の同窓との7人での飲み会。

洒落た肴とアルコールを嗜んで。ここは最後にそばとかうどんとかの小盛りが出てきます。今回感じたのはお客が少なくなった感じ。ここにも景気云々が実際はこんなものって感じが。次回は8月です。

バラは香りも麗しく優れた植物です。

やはり、ちゃんと解明しましょうよ。でなければこの国の民主主義は終わりに向かうような。外国での不祥事はとかく関心を持つのに自国の事は棚上げスルーは拙いでしょう。 

早くから咲いて遅くまで咲く「サワダス・ドリーム」は優れた椿だと改めて感じる。

もう大分と気温が上がってきてます。所用で使用しますので農協に口座を作りに行かなくては。ゼロ金利政策で、金融機関には政府発行の通貨が有り余っているのでしょう、もう庶民の預金など本当は預けてもらなくてもと感じている金融機関が多いのでは。貸出して貸出利息で業務遂行したいのでしょうけど中小企業だってやっとこ継続している状況では借りても返す見込みも難しいのでしょうし、経済施策が上手くいってないのでしょうね。

 

 

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戻った肌寒さ | トップ | 朝は暑くて午後から涼しく »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-05-12 08:17:32
昭恵夫人と森友学園の
関係・・・

ウヤムヤにするのは
オカシイですよね。

並んで嬉しそうに写真も
撮っているんだし、
何らかの夫人の圧力が
役所にかかったのは
確実でしょうに。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。