寒空の変化

2017年12月11日 08時09分14秒 | 季節

家の中ではストーブ等焚けば温かいけど外は冷えています。

午後、陽が射さなくなったら2階の小さなベランダの手すりに並べた多肉植物は室内に取り込むのが日課になってきた。朝は陽が当たって気温がある程度とあがった感じたら出します。

 朝の空です。明るんで朝焼けがあって雲が上昇するような変化が起きているのでしょう。でも少しの間の変化の連続。

「みせばや」はもう寒さ焼けの状態です。「パンジー」は丈夫です。寒さには強いけど乾燥に弱い。だから水やりは切らさない方が良い。

近所のモミジの紅葉も終わりに近づいてます。

青空に向かって、まだ大丈夫と言っているみたいな。

白い山茶花は霜が降りると花弁が痛むので今が咲き誇り時期かな。

買い物に行くとついでに買うものとして寒い時は特にハチミツや生姜の類を選んでいます。

昨夜はご近所の方のお通夜に伺いました。この年回りのせいか、生まれたという知らせより亡くなったという伝達の方が多くなったと感じてます。亡くなられた方への冥福を祈って手を合わせてきました。

 

ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青空が烈に | トップ | 静かに篭っていた »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tempo1078)
2017-12-11 14:39:59
年齢と共に
慶弔では、弔の方が
圧倒的に多くなりますね。

やがては
自分の番もやって来る・・・
同輩逝去の報が~ (エゾフクロウ)
2017-12-11 18:12:40
師走に入り、欠礼はがきが毎日のように舞い込みます。
昨日は、元会社の同い年の同僚が亡くなったと、
奥様からお葉書を頂戴しました。

愕然としてしばし言葉もありませんでした。
慶弔事 (A.S(たわごと的オピニオンの))
2017-12-12 07:14:44
(tempo1078)様
多くなりました。やがては自分でしょうけどここまで長らえたのは幸運が続いたのかなって思いもです。
若い方が不測の事態で亡くなるのは悲しく残念な事ですね。
欠礼ハガキ (A.S(たわごと的オピニオンの))
2017-12-12 07:20:13
(エゾフクロウ)様
年々多くなってくるような。
仕事をと共にした先輩、同輩、後輩の喪中はがきは悲しい限りです。やがてはと思いますがでも、まだ生かされている自分のすべきことはなんて思ったり。
北海道は大雪のようですが今冬は寒くなりそうですね。もう、ゆったりゆったりとした日常でありたいです。

コメントを投稿

季節」カテゴリの最新記事