時は今

2017年06月16日 06時55分59秒 | オピニオン

地味な花ですがそこにこそ「美」を見ることがあるのです。それぞれの個性に。

「紫陽花」の美しい季節です。この瞬間に豊かな感受性を持って見つめる時にしたい。

またまた強硬に推し進められた様相。つまり、委員会採決省略、懸念置き去りと極めて異例な形で何が何でも成立させたという事でしょう。

そりゃ、投票して委託して、でも任せっきりにしているとどうなるかの見本みたいな現象が起きている「時は今」です。この国の向きが一部の特定の方々の思惑の様に傾いて進んで行くような「時は今」の思いが。

「共謀罪」の危険性が圧倒的多くの人に共有して実感できてないのも「時は今」でしょう。ルールを破って行われてとしても反対する方はルールを破れない「時も今」なのでしょうね。

問責決議に対する「法務大臣は昨年8月に就任して以来、誠実かつ真摯な答弁を行うなど国民の為に尽くしてこられました」という反対討論。もう、頭の中がぐちゃぐちゃでしょう。因果は応報ということは言葉としては判っていても思考できない「時は今」なのかな。

「立葵」が倒れそうででも踏ん張っています。

此方は強烈な色です。

ベゴニアは名もない庶民の花の様。踏まれてもちゃんと戻るのですから。

人はそれぞれの意見の違いはあると思う。だけど、その意見の違いを互の立場を尊重し話し合って昇華するための努力の姿が大事だと思う。それにはルールを守る必要があると思う。でも今回はというか今回もですが違うでしょう。だから認めがたいのです。

本日は岩槻方面へ向かいます。温度は上がりそうです。

 

 

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝晩涼しく昼暑く | トップ | 私鉄駅まで歩いて汗かいて »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-06-16 09:38:47
個人攻撃をしたい
のではありませんが・・・

金田法務大臣、
大臣の資質としては
どうなんでしょう。

少なくとも
大臣である以上は
その分野に精通するだけの
能力と資質がなければ、

単なる
お飾りでしかない。

それに、
国会に於ける
くだらん討論、
討論という名の単なる時間の浪費。
論議を尽くしたって誰が認めるでしょう。

もう、
失望しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。