8月ですが、日差しは無く

2017年08月21日 06時36分44秒 | オピニオン

蒸し暑いけど日差しは少ない8月の日でした。我々の主食となる稲の生育は全国的には大丈夫なのかなと心配な気にも。

「ヤブミョウガ」の花がたくさん咲いている場所がありました。そこだけひっそりとした風情を感じる。

地区自治会の子供祭りで子供神輿が繰り出されてました。少子化で子供の数はここいらでも少なくなりましたが、多数の大人に守られて交通事故に遭わないように注意してのお祭りです。でも、きっと残る思い出になるのでしょう。

蒸し暑いけど咲いてます。

新聞記事。三大首都圏の特定なところでは地価が上がっているように発表されていますが、それは何やら政策的な意図があるのでは思う処もあり、いやらしい感じですが、大方は地価は下がったままの様ですね。ですから、有り余る資産家でないなら必要の無い土地を所有しているのは固定資産税等の負担が厳しい状況なのです。と言って自治体等に寄付といっても、受け取る方も維持管理の関係から引き受けない事例が多いでしょうし。特に固定資産税の課税標準は負担調整措置などがあり、すごく判りにくいです。

以前は林等に咲いていた「山百合」は姿を消し、繁殖力の強い「高砂百合」が多く見られ、そんな環境に変わったのでしょうね。

今朝も曇り、セミの声が聞こえる。「アブラゼミ」と「ミンミンゼミ」が精一杯鳴いているようだ。湿度の高い空気の中で若干重たい感じで。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加