ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

朝顔とゴーヤの花が咲きだしました

2017年06月20日 | 花々
 我が家では毎年、GW頃に夏の猛暑に備えてグリーンカーテン用の植物を育てます。
 まず1作目「ゴーヤ」は連作障害を避ける為に植栽する位置にバケツ大の穴を掘り、そこに新しい腐葉土を入れてゴーヤ苗を植栽します。この腐葉土は毎年新しい土と交換します。
 そして2作目「朝顔」はプランターに腐葉土を入れ植栽し、それぞれに顆粒状の肥料を加えて毎朝水やりをします。
そして植栽から1か月半経過し、それぞれが花が開花し、ゴーヤは可愛らしい実をつけて来ました。


このところ6株の朝顔苗に毎朝30輪位の開花が見られ楽しみになって来ました。




涼しげで良いのですが、朝顔の花の色がブルー系だけでした。他の色も植え付けすればよかったと思っています。




朝顔の伸びてゆく弦の先には沢山の蕾がついています。これからが楽しみです。


ゴーヤの花です。ゴーヤは比較的無駄花が少なく、実を結ぶ率が高い植物です。


長さ5Cmほどの赤ちゃんゴーヤです。ゴーヤ特有の粒々がみられます。毎年、3本程のゴーヤ苗から80本程のゴーヤが収穫できます。我が家だけでは消費しきれず友人におすそ分けしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮の開花が進んでいます・・・・・(郷土の森公園)

2017年06月17日 | 花々
 昨日のブログ更新中に雷が鳴り雷雨がありましたが、今日は穏やかな晴天です。今日は車で外出した折、よく訪れる「府中市郷土の森公園」に立ち寄って見ました。先日訪れた時は「蓮」の開花が見られませんでしたが6月も半ばを過ぎそろそろ開花が見られるのではないでしょうか。


公園の中央にある修景池には「蓮」の開花が始まっています。


開花直前の蕾も綺麗です。


開花が進んだ「蓮」は花の色がうすい桃色になるようです。


陽光の当たり具合によって花びらの様子が変わります。


蓮は早朝開花するとき、ポンと音がするとか・・・・・。聞いたことはありませんが。






この開花している「蓮」は「舞妃蓮」というようです。




この修景池ではもう少しすると「大賀ハス」の開花も見ることが出来ます。

⇓郷土の森公園は下図の場所にあります⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「しょうぶ・あじさいまつり」開催中・・・・・(薬師池公園)

2017年06月16日 | 花々
 梅雨入りしてから10日くらい経ちましたが、雨が少なく空梅雨のようです。今日も朝から晴天です。日中の気温は30℃近く迄上昇したようです。
 今日は梅雨時の花「しょうぶ・あじさいまつり」が開催中の町田市の「薬師池公園」に出かけて見ました。


平日にもかかわらず満車の駐車場に車を停め「しょうぶ・あじさいまつり」の会場に向かいます。


公園の名称にもなっている「薬師池」のほとりを通ってしょうぶの開花している場所に向かいます。


まずはあじさいから


日陰にあじさいが群生して咲いています。


あじさい越しにしょうぶを望みます。


今が最盛期のしょうぶです。


3色の開花揃い咲きです。




早乙女姿の女性がしょうぶの花ガラ摘みをしています。










旧萩野家の門前


薬師池公園を見ながら帰路に着きました。

⇓薬師池公園は下図の場所にあります⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『第34回あじさいまつり』開催中・・・・・(高幡不動尊)

2017年06月09日 | 花々
 梅雨入り宣言がされた途端に雨は降らず好天が続いています。スパコンが天気予報にも導入され気象予報の精度が上がった言われていますが、実感として【?】感を感じるのは小生だけでしょうか?
 さて、好天の今日は京王線高幡不動駅下車してすぐの「高幡不動尊」で開催されている『第34回あじさいまつり』に出かけて来ました。


高幡不動尊への参道を歩行中に小生を呼ぶ声が、なんとブログ友人のKご夫妻が高幡不動尊からの帰路で偶然小生とすれ違いお声をかけて頂きご挨拶させていただきました。あじさいの開花情報を伺いました。有り難うございました。




定番の位置から五重塔を撮影。


日陰に咲く紫陽花を撮影。


あじさいの色づきは今一歩か?


八重うつぎは終盤を迎えていました。


がくあじさいをアップで撮影。


かしわばあじさいを一輪アップで。


スポットライトのような陽光を浴びるがくあじさい。


すみだのはなび。


新緑を背に。


アナベル。陽が欲しい・・・・・。






アナベル(ピンク)


瀬戸の夕紅


がくあじさい(ダンスパーティー)


あじさいと五重塔


新選組 土方歳三の銅像に見送られて帰路に着きました。

⇓今日の撮影場所「高幡不動尊」は下記の場所です⇓
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の開花状況は・・・・・(府中市郷土の森博物館)

2017年06月03日 | 花々
 梅雨入りまじかの頃ですが、今日も朝から晴天です。天気予報では来週中頃が関東地方では梅雨入りか?と伝えられていました。
 今日、車で外出した折、「府中市郷土の森博物館」際を通りかかりました。車にはネオイチカメラしか持参していませんでしたが「蓮」や「紫陽花」の開花状況が気になり立ち寄って見ました。まずは郷土の森体育館際の「修景池」に「蓮」の開花状況を見に行きました。


「修景池」には「蓮」の開花は見られず小さな蕾の状態でした。カメの甲羅干しを撮影。


そして同じ「修景池」にはカルガモの親子が水中に顔を入れて餌を探すのに夢中でした。


博物館前の物産館には既に買い物客のクルマが駐車されています。


既に紫陽花まつりが開催されている郷土の森博物館正門入口です。(入園料;大人200円・駐車場は無料)


「あじさいまつり」の大きなポスターが掲出されています。


園内地図


園内は新緑があふれています。


サツキの盆栽がまだ見頃です。




開花し色づき始めた紫陽花です。


若々しい感の色づきです。




色づきが進んだ額紫陽花も見られます。






額紫陽花の方が開花・色づきが進んでいるようです。




定番の撮影ポイント「水車小屋」です。




一般的な紫陽花の色づきはこんな感じが平均的です。1週間後くらいが見頃でしょう。

⇓「府中市郷土の森博物館」は下図の場所です⇓

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バラが見頃を迎えています

2017年05月19日 | 花々
 ぐずついていた空模様がこのところ晴天が続くようになってきました。徐々に気温が上昇し最高気温も25℃超えの夏日になりました。
 今日はバラの花が見頃を迎えているとの報を聞き、「京王フローラルガーデン アンジェ」に出掛けて見ました。


京王フローラルガーデン アンジェは京王相模原線の京王多摩川駅0分の所にあります。


入園して最初に目に入る「ウォーターガーデン」には蓮の花の開花が始まっていました。


「ローズガーデン」までのアプローチには色々の花が見られます。


紫陽花も咲いていました。


「ローズガーデン」の入り口です。バラの香りが漂っています。


深紅のバラは「ノックアウト」の名がついていました。






深紅のバラは「エル・デイ・ブレイスアウト」の名がついていました。


真っ白なバラです。




バラ園を出るとバラ以外の花が迎えてくれます。


ラベンダーでしょうか?良い香りです。


紫系の花が続きます。


園内をひと廻りして入出ゲート近くの「ウォーターガーデン」に戻って来ました。


京王多摩川駅から京王線に乗車して帰路に着きます。

⇓「京王フローラルガーデン アンジェ」は京王多摩川駅改札を出てすぐ左側の徒歩0分の場所です⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAL工場見学に行って来ました

2017年05月05日 | ひとり言
 GWの真っ只中です。TVでは高速道路の渋滞情報や新幹線等の混雑状況がレポートされています。
 昨日、知人から「JAL工場見学」の誘いを受け二つ返事で出かけて見ました。行き先は東京モノレールの新整備場駅下車数分の所です。


自宅最寄駅から京王線に乗車。運よく久し振りに「高尾山ラッピング」車両に乗車でき、下車した新宿では先頭車に回り込んで一枚撮影しました。


山手線を乗り浜松町から東京モノレールを乗り継ぎ、新整備場駅に向かいます。


新整備場駅から徒歩数分でこの日の見学先「JALメインテナンスセンター1」に到着します。


まずは航空教室のお部屋に案内されレクチャーを受けます。残念ながら航空教室の内容は撮影禁止です。元CAの方から航空機についてのお話がありました。


航空教室の講義の後、工場見学までの間、展示エリアの見学があり、歴史や仕事の内容、機体の事など種々の情報を知ることが出来ます。


JALの主力機。




CAさんの制服の変遷。




そしていよいよ整備工場の見学です。メンテナンス用作業台に機体が囲まれています。


エンジンカバーなどが外されている様子が判ります。


整備場は天井が高く、間口が広いスペースに同時に3機の機体整備が可能だそうです。


いよいよ地表レベルまで進み機体のすぐ側で説明を聞きます。


圧倒されるような迫力のある見学です。


普段は搭乗客の時以外はこんな近くで機体を見ることはありません。


機体の横には乗客席(ビジネスクラス?)が機内から取り外されています。


工場見学の最後に機体後部のAPU(補助動力装置)の排気口を説明受けました。


整備工場近くには駐機されている機体が見られました。


整備工場前の滑走路からは2~3分毎に離陸して行きます。毎日の安全運航のためにこのような整備工場が裏方で頑張っていることを知り、有意義な見学会でした。

⇓今回の「JAL工場見学会」は下記の場所で行われました⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「緑のフィールドコンサート」に行って来ました(昭和記念公園)

2017年04月29日 | アウトドア
 いよいよ今日からGWがスタートしました。一年の中でも一番過ごしやすい季節です。今日は「みどりの日」でこの日は「昭和記念公園」の入場料が無料の日でもあります。その昭和記念公園で航空自衛隊 航空中央音楽隊による「緑のフィールドコンサート」が開催されると聞き出かけました。


京王線・南武線・青梅線と乗り継いでコンサート会場の昭和記念公園へと向かいます。


昭和記念公園は本日に限り入園料は無料です。チケットの受け渡しがない為人出は多いのですが入園口の混雑皆無です。


コンサート会場のふれあい広場に向かう途中には季節の花が見られます。これは「紫陽花」かな?


サツキも見頃です。






いよいよ「航空自衛隊 航空中央音楽隊」のコンサートが始まりました。


曲目は幅広い年代層に好まれる曲が多く、解散したSMAPや嵐、AKBなども演奏されていました。


青空の下で聴く音楽は格別です。


コンサート行われたふれあい広場の一画には自衛隊の広報活動の一環として自衛隊車両の展示が行われていました。


展示された車両のスペックです。


Pm1時を過ぎる頃ポツポツと天気予報通りに雨が降り出し、午後の部のコンサートは聴かずに帰路に着きました。小雨が降る中、池にはスワンボートが沢山浮かんでいます。


帰路の立川駅で乗車する南武線は「開業90周年」のヘッドマークを付けたE233系(このヘッドマークを付けた編成は1編成しか無いようです)に運よく乗車できました。

⇓昭和記念公園はJR青梅線西立川駅北側に隣接してあります⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水辺の野鳥

2017年04月26日 | アウトドア
 続いていた晴天も一休みのようです。西側から低気圧が移動してくるため今日は朝から曇天です。
 ウォーキングを兼ねて川沿いの遊歩道をカメラ持参で歩いています。その時に川面にいる野鳥を撮影しています。素人バードウォッチャーが野鳥の一部を紹介します。(トリミングして掲載しています)


ウォーキングに出かける時、玄関を出るとフェンスの上に見慣れない鳥が一瞬停まりました。「ジョウビタキ」のようです。


遊歩道をウォーキングしていると川面の蛇籠の上にスズメより少し大きな鳥が、帰宅してネットで調べると「ツリスガラ」のようですが、間違えていたら教えてください。


お馴染みの「セグロセキレイ」が水生昆虫を捕食した瞬間です。


何時もは群れでいる「カワウ」が今日は独りぼっちです。


このカモの種類もわからず自宅に帰ってからネットで調べて見ました。「アメリカコガモ」ではないかと思いますがどうでしょうか?


カップルで一生懸命捕食中です。カモの種類は「アメリカコガモ」のカップルでしょうか?

*素人のバードウォッチャーが鳥名を推測しました。間違っていましたらご教示ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牡丹が開花し始めました

2017年04月21日 | 花々
 4月も後半に入りGWまで1週間になりました。街中にも新緑が目立つようになり日増しに初夏の装いに衣替えが進んでいます。
 今日は「町田ぼたん園」で牡丹の開花が進んでいるとのニュースを聞き出かけて見ました。


時おり霧雨状の雨が降り出しましたがすぐ止んだ為、ぼたん園に出かけました。


ぼたん園内はぼたん・しゃくやく・ツツジ・シャクナゲ等この季節の花を見ることが出来ます。


園内ではぼたんの2割ぐらいの開花が進んでいました。


株により今が見頃になっています。


牡丹の女王のような「島錦」です。


花芯をアップすると燃えるような感じです。


黄色の花芯もアップしました。


園内の東側広場にはツツジが見頃です。風がない為、鯉のぼりは元気がありませんでした。


シャクナゲも満開です。


この花はキクモモだそうです。


この花は花桃でしょうか。


足元にはこんな花が咲いています。


ぼたん「島錦」を上から撮ると。




タイツリソウも咲いています。


この花は?。


ぼたんを始め色々な季節の花々を見ることが出来ました。

⇓「町田ぼたん園」は下図の場所です。お車でお出かけの際は「薬師池公園駐車場」に駐車しそこから徒歩10分の場所です⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

程久保川の「八重桜」が見頃を迎えています

2017年04月19日 | 花々
 今日も朝から晴天です。午後には25℃超えの夏日になりました。すっかり初夏の気候になって来ました。
 昨日我が家の「八重桜」が満開になった記事をアップしました。今日は「八重桜」が見頃を迎えたと思われる日野市の程久保川遊歩道にネオイチ持参でウォーキングを兼ねて出かけました。


浅川と程久保川の合流点の遊歩道から上流方向に満開の「八重桜」が見ることが出来ました。


見事な「八重桜」が程久保川の遊歩道沿いに咲いています。


咲き誇る「八重桜」も花の色が樹の種類により微妙に変わっています。


緑色した「八重桜」は「御衣黄」でしょうか?「ウコン桜」ではないと思いますが。


ピンク色の濃い「八重桜」。


薄いピンク色の「八重桜」。


「八重桜」のトンネルになっています。


ベンチに座ってお花見する親子。


「八重桜」の後は遊歩道脇の「つつじ」が見頃を迎えるようです。


この場所の「八重桜」は今週末頃までが見頃でしょうか。

⇓程久保川の「八重桜」は京王線百草園駅から北へ400mの所です⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重桜の開花が進んでいます

2017年04月18日 | 花々
 昨夜から今朝にかけて「春の嵐」が吹き荒れました。発達した低気圧が日本海側を東進した為、強い風雨だったようです。通勤時間帯の午前7時過ぎには風雨も収まりホッとされた方が多かったのではないでしょうか。一転は青空が広がり気温も上昇し、25℃超えの夏日になりました。
 市内の染井吉野はすっかり花を散らし、入れ替わりに我が家の庭先では桜の花の最後を飾る「八重桜」の開花がすすんでいます。


まだ蕾が多いのですが・・・・・


暖かさとともにどんどんと開花が進みます。


花びらが八重の為、密集した状態です。


八重桜が終わると一気に季節は初夏へと進みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多摩森林科学園に桜を見に出かけました

2017年04月13日 | 阿波おどり
 4月も早中旬になりました。3月後半に開花を迎えた東京近郊の桜は何度かの風雨に耐えていましたが、花びらが散り始め葉桜が目立ってきました。今日はそんな桜の後半を楽しむべく「多摩森林科学園」(八王子市廿里町1833ー81)に出かけました。この多摩森林科学園のサクラ保存林では約600系統、1400本の桜が植栽されており3月から4月後半まで種々のサクラの開花を楽しめます。まさに「一目千本」状態です。コンデジ持参でサクラのお花見です。


多摩森林科学園はJR中央線高尾駅から徒歩10分の所にあります。


平日にも関わらず多摩森林科学園には多くの方が来園されていました。


サクラ保存林までのアプローチ脇には「スミレ」の開花が見ることが出来ます。


「ニリンソウ」の群落もありました。近づけずズームでアップしましたが・・・・。デジイチを持参しなかったことが悔やまれます。


「ヤブレガサ」の群生も見れました。


いよいよ「サクラ保存林」に入りました。


青空に満開の桜が映えています。


保存林の遊歩道を登ってゆくと次から次へと色々な桜が出現します。






花の色の違いから色々な種類の桜が咲いていることが判ります。


遊歩道を桜を愛でながら散策されている入園者の皆さんが見えます。


まさに見頃のサクラを楽しめます。






関山ベンチに座って皆さん昼食です。




花曇りの中、すっかりサクラを堪能し帰路に着きました。

⇓「多摩森林科学園」はJR高尾駅から徒歩10分の所にあります。駐車場はありません⇓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開の桜を訪ねて

2017年04月07日 | 花々
 今年は暖冬といわれていましたが、桜の開花は例年に比べて東京郊外では1週間位遅かったようです。専門家によるとこれは「休眠打破」との関係で数か月前の気温などが影響しているとの事です。予報によると週末は天気が崩れ「花散らし」の雨が降るとの事。その前に今年の桜を見にネオイチ持参で出かけました。

まず訪ねたのが京王線聖蹟桜ヶ丘駅の南側にある「いろは坂桜公園」です。この公園は聖蹟桜ヶ丘駅周辺の見晴らしが良く、お花見と眺望が楽しめます。



道路わきの小さな公園ですが見事な桜が楽しめます。


青空に満開の桜が映えています。


聖蹟桜ヶ丘方面の眺望が楽しめます。


染井吉野が見事に開花しています。

次に訪れたのは「都立桜ヶ丘公園」です。



この公園は多摩丘陵の一角にあり、公園の中心に明治天皇の行幸を記念した「市立聖蹟記念館」があります。


中央のクリーム色の建物が聖蹟記念館です。


記念館の円柱と桜のコラボです。


個性的な記念館の円柱が特徴的です。


園内の桜は古木の染井吉野が多くありますが、どの木も頑張って花を咲かせています。


もうしばらくすると園内は山桜・ツツジの開花が始まります。

最後に訪れたのは花のお寺で有名な「吉祥院」です。



吉祥院のお地蔵さまと桜の光景がのどかな雰囲気です。


枝垂桜は満開のピークを過ぎていましたがまだ見頃でした。今年の桜も花散らしの強風と雨で終演を迎えそうです。又、来年の開花を待ちましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第36回せいせき桜まつり」開催される

2017年04月03日 | 祭り
 前日4月1日は冷たい雨が降っていましたが、4月2日は朝から雲間に陽がのぞきまずまずの「お花見日和」になりました。この日は各地で開花が進む桜をめでるイベントが開催されました。京王線の聖蹟桜ヶ丘駅周辺でも「第36回せいせき桜まつり」が開催され多く方々がお花見を楽しみました。


駅前から続くさくら通りの桜は5~6分咲きの見頃を迎えています。


観蔵院会場では各種出店が並びます。訪れた時は人出のピークを過ぎていましたが一時は長い行列ができたようです。


野外ステージではフラメンコが演じられていました。


近くの小野神社の末社祭も行われ神輿渡御が桜まつりを盛り上げていました。


OPA前の桜も5分咲き位です。


OPA前広場では「東京消防庁音楽隊」による演奏会も行われていました。


VITAホールステージでは「さくら祭り」のイベントの最後を飾る「阿波踊り」です。まず最初は高円寺阿波踊り連の「江戸っ子連」の皆さんの演舞です。


本場徳島の阿波踊りを伝承する「江戸っ子連」の見事な演舞です。


切れの良い演舞が売りの「江戸っ子連」は本場徳島の阿波踊りに負けないくらいの演技力です。


続いての演舞は同じく高円寺の「ひょっとこ連」の皆さんです。


優雅さを感じる「ひょっとこ連」の女踊りです。


「ひょっとこ連」ならではの演舞がステージを盛り上げます。真夏に行われる高円寺阿波踊りが待ち遠しいです。


VITAステージの阿波踊りの後、OPA前広場には開花が進む桜が見れました。今週中頃が満開になりそうです。

⇓「第36回せいせき桜まつり」は聖蹟桜ヶ丘駅周辺で開催されました⇓
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加