日刊「NOCUSる」

たとえば5年後、あなたは何を食べている? それは、どこで誰が作る?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

踏ん張る

2006-09-23 | ひと

きょうは百里平和農園で、茨城農民連青年部などが主催する「稲刈り交流会」。
田植え交流会」とともに第13回を数えますが、第一回からほぼ欠かさず参加しています。

さて、写真。
下記のような・・・

うちの女房の祖父は、戦前、この地で4haの畑を開墾して農業をやっていた。
農業機械などない時代だから、そうとうな働き者だったんだっぺと思う。
あるとき突然、飛行場をつくるから、1週間以内で土地を明け渡すようにと軍からの命令があった。
当時、軍の命令は天皇陛下の命令だから否応なしに従うしかなかった。
そうはいっても、馬などの家畜はいたし、道具や収穫物などもあったわけで、いきなり出ていけるはずもない。知人の家に住まわせてもらいながら片づけをした。
ところが軍は、猶予はならないと家屋にダイナマイトを仕掛けて爆破、撤去。
そこに海軍の飛行場がつくられた。

終戦になって、土地が農民に手に戻った。
私も満州から生命からがら引き上げてきて、この地に開拓に入った。
ところが、わずか10年ほどで、今度は自衛隊が基地をつくるといってきた。
当時、土方で働いて日給が200円くらい。その時代に1戸あたり300万円もの金が積まれた。いまで言えば億の金か。
みんな出ていった。そして、いま目の前にひろがる基地がつくられてしまった。

それでも数戸だが、“戦争のために土地は売らない”と、金になびかない農家もあった。
私も、農業で踏ん張り通してきた。
これからも皆さんと力を合わせて頑張っていきたい。


・・・話をしているのは、地元で農業を営んでいる宮沢昭さん。
こちらとかこちらなど、これまでも勝手に紹介してしまっています。

関連だけど、こんど日本の首相になる人は、
戦前、上記のような土地取り上げをやった側に立って、ついでに私腹まで肥やした戦犯でありながら、アメリカの手先となることで復権した、
そんな祖父を尊敬していることを隠さず、同じようなことをやろうとしているんだよね。

こんな時代だからこそ、宮沢さんに学ぶべきところがいっぱいあると気づく人も、どうでもいいという人も、
ランキングに一票 よろしく(^^;
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猪 害 | トップ | 展望9条 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自給自足が (なか)
2006-09-24 07:11:24
やっぱり一番だね(^^v



作り続けるって大変だけど・・・



それにしても忙しくってうらやましいなぁぁぁ!



明日は憲法田圃の写真リクエストです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おてつだい (なかよしTaxi日記改め「心の健康・社会の病い」)
頑張れよーッ 例年にない不作を覚悟の田圃も見捨てるわけには行かず、近所の風景にも後押しされ、看護士のあんちゃんも手伝いに来てくれたので稲刈りが始まった。休耕した田の昨年の豊作に味をしめて3年休んだ田に望みを託した。昨年は背が伸びすぎて倒伏する ...
南京陥落を祝う提灯(ちょうちん)行列 (教科書ではわからない本当の歴史 アジア太平洋戦争の真実)
日本軍が中国の街を占領する度に、日本人は提灯(ちょうちん)行列をし、 万歳三唱をして祝いました。 日本中がお祭り騒ぎになったのです。