気が重いよ…伊那篇

落ちるところまで落ちた男の日記

伊那北高校初戦敗退

2017-07-11 19:34:34 | 日記
今年の伊那北高校野球部は、春から調子が良かったのです。
新年度しょっぱなの上伊那大会では優勝。
続く、春の北信越南信予選では4位。
同県大会ではベスト8。
この北信越県大会でベスト8に入ると、夏の大会でシード権が与えられるのです。
それが良かったのか悪かったのか---。



全国高校野球・長野県大会のヤマ(組合表)を見て、唖然ですよ。
伊那北は確かに、Bブロックでシードされていました。
1回戦は不戦勝。
しかし、2回戦で松商学園X小海の勝者と当たります。
それに勝っても、続く3回戦はウエルネス筑北X長野日大の勝者と戦うのです。
あ~、最悪のくじ運です。

今日、2回戦から登場の伊那北、初戦でした。
相手は、案の定、松商学園。





★2回戦(終了)
松商学園 2 0 2 2 0 2 0     8
伊那 北 0 0 0 0 0 0 0     0
(しんきん諏訪湖スタジアム 7回コールド)
(松)青柳真、直江-笠原、大和久
(伊)中島、馬場-小池

残念ながら、シード校・伊那北は、7回コールドで敗退いたしました。
今では、大変珍しい、伊那中出身の馬場-小池のバッテリーも実現しましたが---。
返す返す、くじ運、ついてないです。



それに引換え、辰野高校。
1回戦不戦勝。
2回戦の今日が初戦になります。
対戦相手は、蘇南。
辰野高校は、昨秋から部員不足のために上伊那大会や北信越予選を出場辞退していました。
(昨年秋の北信越予選は諏訪実との連合チームで出場)
とにかく、新年度早々には6人(4人という説もあり)しか部員がいなかったのですから。
そこから、他部等から部員を掻き集め、何とか夏の大会に出場の運びとなったのです。

★2回戦(終了)
辰野 2 0 0 2 0 1 2 1 0   8
蘇南 0 0 2 0 1 0 0 0 0   3
(しんきん諏訪湖スタジアム)
(辰)佐藤、上野-伊藤永
(蘇)岡田、田下、岡田-加藤峰

こんな良い試合をしています。
(辰野と蘇南の実力が拮抗していたのでしょう!?)
寄せ集めの辰野が蘇南に勝ちました。
3回戦進出。
上伊那勢で、3回戦に進出しているのは今日現在、辰野しかありません。

辰野高校、3年生が引退したら、2年生部員が1名残るのみとなります。
『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁当持って、辰野で営業 | トップ | 羅・舜、ランチ生姜焼き定食 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む