気が重いよ…伊那篇

落ちるところまで落ちた男の日記

警察から電話が掛かって来た

2017-03-15 19:26:24 | 日記
午後2時頃、伊那市駅前交番から電話が掛かって来ました。
一体何事?俺、何か悪いことしたかなぁ?
「鈴木さんですね。今、財布どこにありますか?」
財布?
ズボンのポケットに---無い。
背広のポケットに---無い。
コートのポケットに---無い。
「財布、どこにも無いですねぇ」と呑気な回答をしてしまいました。

「今、駅前交番に鈴木さんの財布と思しきものが届いています」
ビックリしましたよ。
お巡りさんに言われるまで、まったく財布が無いことに気付きませんでした。
「最後に財布を使ったのは何時で、何処ですか?」
「午後1時過ぎに、伊那北駅前のにんべん酒店です」

あっ、もしかして、にんべん酒店の前で落としたかも知れない---と思い出しました。
あの時間は、自転車で伊那北駅周辺を営業中。
にんべん酒店に入る前に、厚手の手袋をコートのポケットに入れたのです。
買い物をして精算のときに、イーナちゃんカード(ポイントカード)を財布から取り出しました。
支払いは、小銭入れのコインで支払ったので、財布は用無し。
イーナちゃんカードを受け取って、財布に戻した際に、一時的に財布をコートのポケットに突っ込んだのです。
それがいけなっかった~。
手袋で膨れているポケットに、長財布がスッポリ収まる訳がありません。
自転車に乗る際に、コートのポケットから落ちたんですね。恐らく---。



お巡りさんに、財布の中身をこと細かく聞かれました。
恥ずかしい話ですが、2千円の現金は無事でした。
クレジットカード・キャッシュカード・ポイントカード類も全部無事。
運転免許証もちゃんとあるみたいです。
直ぐに、駅前交番まで取りに行きました。

中身を確認後、書類に住所と名前を書いて、財布を受け取りました。
よせばいいのに、お巡りさんに質問「よく私の携帯電話番号が分かりましたね?」
「春先に住民台帳って作っていますよね。アレです」
免許証の住所から、住民台帳を見て、連絡してくれたそうです。

一番感謝しなければいけない、財布を届けてくれた人。
お聞きしたら、名前も出さなくて良い、お礼も要らない---ということで教えて貰えませんでした。
世知辛い世の中、今時、こんな良い人が居るんですね。
しかも、伊那北駅から伊那市駅まで1駅移動して、届けてくれました。
本当にありがとうございました。
お陰様で、財布が戻りました。
心からお礼申し上げます。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あすなろ・日替ランチ・とり... | トップ | ウエストヴィレッジ・ビーフ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む