気が重いよ…伊那篇

落ちるところまで落ちた男の日記

伊那県営球場の改修工事・13

2016-10-19 19:28:20 | 伊那県営球場の改修工事
実は、伊那市坂下の実家の2階窓から、伊那公園一帯の丘が良く見えるのです。
ここ数日で、伊那県営球場にも照明灯(電球)が付いたのが良く分かります。
前回9月29日のリポートでは、照明塔(柱)だけだったのに、やっとナイター設備らしくなりました。
今日、仕事で美篶へ行くのに、遠回りして県営球場に寄ってまいりました。
ピカピカの6基の照明塔が、そびえ立っております。





この照明塔、隣の市営球場のそれに比べると、妙に高くなっています。
それから、照明灯の電球の数が市営球場に比べると、1塔につき12球も少ないです。
これは、電球がLEDになった影響でしょうか?
(実際、LED電球か否か不明ですが---)
まさか、ナイターソフト専用の照明設備では無いと思います。
ちゃんと、高校野球や信濃グランセローズの公式戦でも使える明るさは有ると信じていますが。


左側が伊那市営球場の照明塔、右側が伊那県営球場の照明塔


伊那市営球場の照明灯、電球が30球


伊那県営球状の照明灯、電球が18球


2週間ほど前の信濃毎日新聞に、長野県から伊那市への球場移管は来春(2017年)と書いてありました。
しかし、まだ、フィールド内がグチャグチャ状態です。
内野には砂を入れ、外野には芝を植え、フェンス際にはアンツーカーの敷設が必要です。
果たして、新伊那市営球場(伊那市運動公園野球場とか伊那市総合野球場という名称になるかも)の開場はいつになるのでしょう?




にほんブログ村


にほんブログ村
『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A3複合機ゲット | トップ | 駒ケ岳SA下り線・フードコ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む