気が重いよ…伊那篇

落ちるところまで落ちた男の日記

松商学園が大勝

2017-08-09 19:29:21 | 日記
昼ご飯を食べに帰宅。
テレビを点けると、松商、勝ってますよ。
見続けていたら、凄い凄い、毎回安打で、ほぼ毎回特点(3回以外)。
終わってみれば、土浦日大3-12松商学園。
快勝じゃないですか~。
松商は21安打。
県勢、こんな爽快な甲子園での試合って、久し振りですね。



足立監督は、やっと借りを返した感じですかね。
私の中学・高校時代は、夏の甲子園は松商学園の独り舞台でした。
昭和50年から55年まで、6年連続出場。
足立監督は、私の1学年上。
川村一明投手(後に西武)が3年生の55年には、2年生だった足立監督は、内野手で甲子園に出場しています。
そして、足立監督がエースで臨んだ56年の長野大会。
なんと、6年連続で出場していた松商の連続記録が途切れたのです。
この年、七色変化球・金丸久夫投手(後にロッテ)の岡谷工業が夏の甲子園出場を果たしました。
前年まで、松商は6年間とも初戦負け。

昭和50年は、東海大相模5-3。原辰徳・津末英明・村中秀人ですよ。
51年、PL学園1-0。この大会、PL準優勝。
52年、福井商7-0。翌53年福井商、センバツ準優勝。
53年、天理6-0。天理には巨人入団の鈴木康友がいました。
54年、池田9-2。この大会、池田準優勝。
55年、高知商2-0。中西清起(後に阪神)と川村一明(後に西武)の投手戦。
(強豪校とばかり当たっていたので、可哀想でしたけどね)



松商が6年間1勝に苦しんだのに、岡工は、金丸の力投で初戦に勝っちゃったのです。
だから、その時の悔しい思いを断ち切るためにも、甲子園に行って、そして1勝!
今日、十分、借りは返しましたね。はい。
『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝ドラ2 | トップ | 高校野球ネタで読まれたよ! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事